スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『WALKING DEAD ウォーキング・デッド』(2010年)
waling1.jpg





2003年から続くアメコミが原作、
「エイリアン2」「ターミネーター2」のゲイル・アン・ハード総指揮、
「ショーシャンクの空に」「グリーン・マイル」「ミスト」の
フランク・ダラボン企画・総指揮・監督による
TVシリーズ。




このジャンルの元祖であり古典的名作、
ジョージ・A・ロメロ作品の、
のろのろゾンビを基本にした
ゾンビホラーなんですが、
全米放映当初から評価が高く、
話題になっていたので早く観たかった作品でした。




全6話、期待にたがわぬ面白さで大満足!
一気に観てしまいました。




waling4.jpg





第1話はダラボン自身が監督、
ジョヴォヴィッチの「バイオハザード」風に
病院で目覚めた主人公が、
目の前で展開する異常事態を把握するまで、
が描かれていますが、




「バタリアン」のオバンバ(日本独自のネーミングですが)
みたいなゾンビが登場したりする
サービスみたいなトコや、
子供ゾンビも容赦無い一場面ほか、
サスペンスフルな緊張感も抜群だし、
なんといってもダラボンらしい
ヒューマンな味わいが印象に残ったり等
最後まで興味を惹きつけるつくりで
感心しました




waling2.jpg





1話以降も本編の面白さはもちろんですが、
各エピソードの終盤がTVらしい
「次が観たくなる」幕切れにしている点も巧いです。




TVとは思えない
残虐描写の数々にはビックリですし
(特殊メイクはロメロゾンビ「死霊のえじき」はじめ
現在も活躍のグレッグ・ニコテロ)、
アクション&サスペンスもてんこもりな上、
過去のゾンビ映画を思わせる場面も多いので、
ホラーファン、ゾンビ映画ファンも納得!なんですが、




最大の特徴は、TVシリーズらしい
各キャラクターが細やかに描かれている点で、
それによって人間ドラマが見応えあり、
ロメロゾンビなどでもチラリと描かれていた
「愛する人がゾンビになってしまった悲しみ」、
がより深く胸に迫ってきますし
人間側だけでなく、
ゾンビ側にも悲哀を感じさせるあたりもいいですね。




waling3.jpg



waling6.jpg






キャラでは
兄の行方を心配する弟
ノーマン・リーダス(処刑人)が
回を追うごとに魅力的になってきて
1番好きですね。
今後の活躍に期待




昨秋から放映された2NDシーズンも
大好評だったらしく、
早く続きが観たい!




絶対おすすめです




waling7.jpg





ウォーキング・デッド Blu-ray BOXウォーキング・デッド Blu-ray BOX
(2012/02/24)
アンドリュー・リンカーン、ジョン・バーンサル 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2012/06/08 01:57 】 | ホラー | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(2011年)
BLA01.jpg





突如地球に飛来した隕石群の正体は
地球侵略を企むエイリアン集団だった!
全世界混乱の中、
未知の敵に挑む少人数の海兵隊の戦いを描いた
SF戦争アクション。




ネットで「SF版ブラックホーク・ダウン」
と書かれていたのを目にしましたが、
なるほど構成、エンディングまで
そのまんまで笑ってしまいます。




人物紹介の15分あたりをすぎてからは
ロサンゼルスを舞台にした
対エイリアン市街戦が全編に展開、
悲喜こもごもの人間ドラマもソツなく織り込まれ
飽きることなく最後まで観てしまいました。




BLA02.jpg





もちろん登場キャラ全員、
新鮮味のない、どこかでみたことのある設定ですし、
都合のよい展開にも笑ってしまう
強引な、雑なつくりではありますが、
何より
全編違和感のない映像にビックリしました。
その魅力なくしては語れない作品ですね。




思いっきり残念なのは、
・エイリアンの造形などがあまりにいいかげんなところ、
・終始、海兵隊最高!と訴える点が鼻につく海兵隊のプロバガンダ映画みたいなところ、
この2点ですね。




映画館で観るとアレですが、
DVDレンタル250円で観るには
十分暇つぶしにおすすめできる1本です。




ミシェル・ロドリゲスもいつも通りのキャラで安心できますし(笑)。




世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]世界侵略:ロサンゼルス決戦 [DVD]
(2011/12/21)
アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス 他

商品詳細を見る



テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2012/04/06 23:58 】 | SF・ファンタジー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「エクスペンダブルズ2」(2012年8月全米公開)速報予告編
ついにきた~
「エクスペンダブルズ」
待望の続編!




expenda2soku.jpg




前作でいい味だしてたミッキー・ロークが
ギャラでもめたとかで
降板したのは残念だけど
その分
チャック・ノリス、ヴァン=ダム新規参入、




そしてシュワちゃん、
悪い意味で目立つウィリス(笑)も
前回以上に出番があるかも?




中身は置いといて(笑)、
これだけのスターたちが
顔をあわせるというだけで燃える!




監督は「コン・エアー」「トゥームレイダー」のサイモン・ウェスト。




速報予告編↓

エクスペンダブルズ2速報


テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/12/17 00:53 】 | アクション・アドベンチャー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『タイタニック・3D』予告編(2012年・4月全米公開予定)
ジェームズ・キャメロン監督・脚本、
レオナルド・ディカプリオ主演の
歴史的な大ヒット作が3D化。
来年4月全米劇場公開予定の予告編。↓




タイタニック3D予告




初公開時は劇場へは3度足を運び、
その後ビデオ、DVDと何度も観た(後半だけ)
涙涙の感動作ですが、
これはぜひ観に行きたいですねぇ~




はじめて劇場で観た時、
後半の見せ場の数々に圧倒され
感動して鳥肌が立ったものです。
甲板に水が浸入してくるところなんて
その場にいるような臨場感を感じたんですけど、
それが3Dになるって、
さらに恐怖感も増しそうですなぁ。




ただ、
1997年当時の最高技術で製作されたものの
あれから10数年、
映像技術の進歩はものすごいですから
細かい合成部分など修正しないと
大きい画面の劇場ではアラが見えるようで心配




ま、そこは映像革新監督キャメロンだから
抜かりはないと思いたいですし、
おおいに期待したいですね!




そういえば「スター・ウォーズ3D」(EP4~6だけ観たい)
も楽しみです。




タイタニック アルティメット・エディション [DVD]タイタニック アルティメット・エディション [DVD]
(2009/01/16)
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット 他

商品詳細を見る



テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/11/18 10:13 】 | ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ザ・タウン』(2010年)
town.jpg





今や巨匠となった
クリント・イーストウッドが絶賛した、
ベン・アフレック監督・脚本・主演の
犯罪ドラマ。




全米最大の強盗多発都市ボストンの
チャールズタウンを舞台に
仲間との強盗稼業から逃れられない人生を
送っていた主人公が
FBIの執拗な追跡の中、
人質だった女性と恋に落ち
足を洗って新たな人生を夢見るが・・・




原作があるものの、
どこかで観たような内容で
目新しさはないんですが、




余計なものを削ぎ落とした
テンポのよさと
冒頭の強盗場面や
元犯罪者たちも交えてリサーチした
裏稼業の実態がリアルに描かれて
見ごたえ十分だし、




アフレック自身が大好きな
「ヒート」(デ・ニーロVSパチーノの傑作)を
参考にした、というだけあって
終盤の銃撃戦における緊張感と迫力
興奮させられました。




犯罪アクションドラマ、
としての魅力だけでなく
犯罪をしないと生きていけない
主人公たちの置かれた環境が
幼馴染ジェレミー・レナー(助演賞ノミネート)や
ブレイク・ライヴリーはじめ共演陣の好演で
さらに説得力を増して描かれており
やるせないですねぇ。




ベテランの
ピート・ポスルスウェイト、
クリス・クーパーも場面をさらいますし
FBIジョン・ハムはじめ
役者の使い方も巧いデス。




「グッド・ウィル・ハンティング」で
アカデミー脚本賞を受賞(マット・ディモンと共同)
しているものの、
「アルマゲドン」「デアデビル」の
ベン・アフレックが監督として
こんな上出来な作品を撮るとは・・・
と正直ビックリしましたね。




役者としては
周りがみんな魅力的なせいか
今回もいつも通り「普通」だけど(笑)、




主人公らを見つめる子供の表情や
出くわした警官との対峙場面など
間に挟まれる短い描写にも感心しましたし、
監督としてこりゃ将来が楽しみデス。




2時間まさに釘付け、の面白さでした。
哀愁漂う傑作。おすすめデス。




ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
(2011/07/20)
ベン・アフレック、ジョン・ハム 他

商品詳細を見る





・・・そういえば、
露骨に感情に訴えない、
淡々とした描写はイーストウッド作品に
通じるものがあるかも。






テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/10/13 23:09 】 | ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。