スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『Love Place/西野カナ』(2012年)
洋楽はレンタル遅いし・・・と
TSUTAYA新入荷でたまたま借りて以来、
ここんとこずっと聴いてます。




nisino.jpg





TVはあんまり観ないので
CMでチラリと聴いた「たとえ どんなに・・・」以外は
アーティスト自体も曲も知らなかったですが、
ジャケットのイメージとは違って
ゴテゴテしていないシンプルな曲構成と
耳に残るサビにより、
通し2回目あたりからノリノリになってしまいました。




お祭りにあいそうなテンポの8、
が最初に耳に残ったくらい
もともと曲から入る洋楽好きの私ですが、
その点では聴きやすいアルバムですね。




後追いで、どんな人かと
過去の音楽番組とか見ると
関西弁?がイメージと違ってましたが、
曲がいいので、ライヴを観てみたいですね。
こじんまりとした会場が似合いそう。




曲志向なので、
もともと歌詞はど~でもいい自分なんですが(笑)、
サビとかたまに聴こえる部分からは
ひねりがない素直な歌詞ですよね。
わけわからんイメージの羅列の歌詞よりずっといいわ。




記事とか見ると
「10代が歌詞に圧倒的共感」等
煽って?いましたが、
携帯とか時代のツールは別にして、
昔から普遍な、恋心や心情を表現していますから
40すぎの自分でも普通に頷けますし、
全世代に通用するけどなぁ。




気になったところといえば
その前からたまたま聴いていた
ニッキー・ミナージュをパクったような曲間の小技の数々は
なんだかな~と思いましたが(笑)。




あと高音がのびたらフィンガー5(古!)の
ヴォーカルの声にそっくりに聴こえました。




ま、とにかく
ハマってしまいました(笑)。
前のCD、
ライヴDVDも買ってみるか・・・。
ライヴでは声持つのかな・・・。




Love PlaceLove Place
(2012/09/05)
西野カナ

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

【2012/10/08 21:55 】 | 邦楽 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
ホイットニー・ヒューストン(1963-2012/2/11)
ビックリしました・・・
早すぎますねぇ、残念です




あまりマイナス的なことは言いたくないですが、
ボビー・ブラウンとの出会いが
なければなぁ~・・・




彼の大ヒットアルバム「Don't Be Cruel」
も持ってましたし、
当時好きなアーティストだっただけに
2人の結婚後のニュースの数々には
悲しくなりました。




ザ・グレイテスト・ヒッツザ・グレイテスト・ヒッツ
(2000/05/20)
ホイットニー・ヒューストン、ジャーメイン・ジャクソン 他

商品詳細を見る





さてホイットニーですが、
デビュー作から魅了され、
大好きなアーティストの1人でしたね。




リアルタイムで
レコード~CDと彼女の作品は
2000年のベストアルバムまで
全部買っていましたが、
絶頂期はやはり
映画「ボディガード」サントラの
あたりでしょうか。




映画自体はツマラない作品でしたが、
音楽は段違いに良かったですねぇ。
同作収録のシングル
「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は
オリジナルを超えたばかりか
POP史に残る名曲ですよね。




THE BODYGUARDTHE BODYGUARD
(1992/12/05)
ホイットニー・ヒューストン、カーティス・スタイガース 他

商品詳細を見る





そういえばシカゴ、マイケル・ジャクソン他
数多くのアーティストをプロデュース、
数々のヒット作を放ってグラミー賞を受賞するなどの
ヒットメーカー、
デヴィッド・フォスターの著書
「ヒットマン」で
担当した「ボディガード」のアルバム制作中の様子が
短いですが書かれています。




ホイットニーの普段の人柄にも触れてましたが、
大ヒット曲「オールウェイズ~」に絡む話が笑えましたね。
この本は自伝にありがちな自己賞賛ばかりでなく
たくさんの失敗話や
接したアーティストの人となりが書かれているなど
興味深く楽しめましたので、
機会があれば読んでみてください。




ヒットマン デヴィッド・フォスター自伝 (P‐Vine BOOKs)ヒットマン デヴィッド・フォスター自伝 (P‐Vine BOOKs)
(2009/11/20)
デヴィッド・フォスター

商品詳細を見る





話を戻して・・・アルバムでは
「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」
「すべてをあなたに」「恋は手さぐり」
とかが収録されたデビュー作が1番好きですが、
2枚目もいいですね、おすすめです。




そよ風の贈りものそよ風の贈りもの
(2006/11/22)
ホイットニー・ヒューストン、ジャーメイン・ジャクソン 他

商品詳細を見る





WhitneyWhitney
(1991/10/05)
Whitney Houston

商品詳細を見る




テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2012/02/12 15:15 】 | 洋楽 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
「HERE&NOW/NICKELBACKニッケルバック」(2011年/11月)
先月から生活スタイルが変わって
慣れるのに時間がかかりそう。




そんな中、最近よく聴くのは
「ヒア&ナウ/ニッケルバック」。




YOU TUBEで別のバンドを探していた際に
たまたま出会ったんですけど、
自分好みのハードな音ですぐ購入。




世界ではもう地位を確立している
ものスゴイバンドなんですね。
全然知らなかった・・・。




シングルヒット連発の
「All The Right Reasons」(2005年)、
デフ・レパードのマット・ラングがプロデュースした
前作の「Dark Horse」(2008年)、
ほかのアルバムはまだ聴いていないですが、
楽しみ楽しみ~♪




ヒア・アンド・ナウヒア・アンド・ナウ
(2011/11/16)
ニッケルバック

商品詳細を見る


テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2011/12/04 11:48 】 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『春風/豊崎愛生』(4/13)『Today Is A Beautiful Day/supercell』(3/16)
『春風』は
「けいおん」の唯、「とある科学・魔術~」の初春等の声優や
ユニット、スフィアで歌手としても活躍する
豊崎愛生のソロシングル第4作。




過去3作も良かったですけど、
個人的に今回の「春風」、
1番好きな曲ですね。




作詞・作曲はつじあやの。
いや~いい曲です
心に染み入りますね




春風 SHUN PU春風 SHUN PU
(2011/04/13)
豊崎愛生

商品詳細を見る





『Today Is A Beautiful Day』は
アニメ「化物語」のED「君の知らない物語」が
大好きだったので、
そのフルアルバムということで購入。




そのほかの曲は全然知りませんでしたが、
バラエティに富んだ楽曲の数々で
聴き応え十分のアルバムでした。




「君の~」以外で特に気に入ったのは
「Perfect Day」「LOVE & ROLL」
「うたかた花火」「さよならメモリーズ」
「私へ」。
何回聴いても飽きがこない名曲、ですね




Today Is A Beautiful DayToday Is A Beautiful Day
(2011/03/16)
supercell

商品詳細を見る





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2011/04/21 22:34 】 | 邦楽 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『い~じゃん!J-POP・だから僕は日本にやって来た/マーティ・フリードマン』(2008年)
本題に入る前に・・・




dio1.jpg dio2.jpg dio3.jpg




ロニー・ジェイムズ・ディオRONNIE JAMES DIOが
5/16に亡くなりました。
レインボー~ブラックサバス~DIOなど
ハードロック界で長く活躍したヴォーカリストです。




・レインボーはグラハム、ジョーの時、
・ブラックサバスはオジーの時に聴きましたが、
ロニーは個人的に機会が余りなく、
アルバム単位でなく、
シングル曲などを耳にしていたくらいなんですが、
パワフルなヴォーカルは印象的な上、
自ら音頭をとった、
“ハードロック界のウィー・アー・ザ・ワールド”
のHEAR ’N AIDヒア・アンド・エイドの時とか、
雑誌『BURRN!』にもしょっちゅう出たりと
何かと目にして身近なアーティストでしたので、
残念です。ご冥福をお祈りいたします。






さて・・・・本題ですが、この本は
世界的ハードロックバンド、
メガデスの元スゴテクギタリストによる
J-POP評本。




い~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマンい~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマン
(2008/04/03)
マーティ・フリードマン

商品詳細を見る


カコフォニーも聴いたことがありますし、
つづくメガデスはちょうど彼の在籍時に
よく聴いてお気に入りバンドの1つなんですが、
そのギタリストのマーティが、
雑誌「BURRN!」のコラム連載はまだしも、
数年前から「タモリ倶楽部」でも見かけるようになり、
日本語もうまいのであれこれ想像してたら、
2003年から東京在住っていうからビックリでした。




しかも
あれだけ世界的人気のあるバンドを辞めて
日本にきた訳が
『日本のJ-POPに惚れたから』、
ってスゲーなぁ。




そんな彼がメガデス在籍時から
すでに聴いていた頃の曲から最近のまで
数々のJ-POP曲を
評価・解説しているんですけど、
ミュージシャンの視点で
専門的かつわかりやすいので、




読んでる素人の私でも
なるほど~とためになる点が多いですし、
JPOPと
アメリカ、ヨーロッパ系音楽との違い・・・
・ジャンルにこだわらないJPOPアーティスト
・決めたジャンル一筋の外国アーティスト
などわかりやすく知ることができたり
興味深く、
たいへん面白く読めましたね。




1番面白かったのは、
前説部分の、
いかにJPOPにハマったか、
の体験談・遭遇記で、




子供時代から~
アメリカを中心に
バンドで天下をとり~
などの半生にあわせて、
アメリカと日本の環境や生活の違い
はじめ日本について語られる内容は
誠実・丁寧な語りで
好感の持てる人柄ということもありますが、
とても楽しく面白く、
個人的には
もっとその部分が読みたいなぁ~
とも思いました。




読み終えてですが、
当然マーティの個人的視点なので
日本大好き・JPOP大好きは嬉しいんですけど、
ここ数年のHIP HOP、ラップ中心の
アメリカチャート・人気状況を見ての
印象なんでしょうが、
『洋楽はJPOPに劣る』、
と曲から考察して断定したり、
JPOPの素晴らしさが次々に語られ
ほぼベタ褒め状態ですので、
逆に今の洋楽にもいいところあるだろ~
と逆にフォローする気持ちになったりして(笑)。




とはいえ、私もマーティ同様、
HIP-HOP~ラップ系は苦手なので
90年後半からは洋楽よりも
JPOPのほうをよく聴くようになりました。
(さらにここ数年はアニソン中心ですが。)




・・・話を戻して、
マーティのJPOP好きは理解できましたが、
今後期待するのは
・ほかのアメリカ・外国人がJPOPを聴いた感想
をマーティだけでなく
複数の外国人とか
他ジャンルのミュージシャンを集めたりして
もっと掘り下げてほしいですね。
私も1番興味深く読んだ部分でしたし。




第2弾の
『サムライ音楽論』もあわせて読みましたが、
同じような構成にもかかわらず、
やはり面白く、おすすめです。




サムライ音楽論サムライ音楽論
(2009/07/23)
マーティ・フリードマン

商品詳細を見る

テーマ:j-pop - ジャンル:音楽

【2010/05/20 23:51 】 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。