スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
「グリース」(78年)
アメリカでは大ヒット、
リバイバル公開でも当時「タイタニック」に次ぐ
2位の興行成績で再ヒット、
もとはブロードウェイの人気ミュージカルを映画化、
アメリカの古きよき1950年代を舞台にした
学園青春ミュージカル。


grese1.jpg


私は小学2年のころから映画好き、
でしたので、
「映画」に絡む番組やCMになると
目をサラにして見てましたが、



この作品は公開前から
劇中音楽のサビ部分をつないだ
絶妙なテレビCMで
私は常に釘付けになっていました。



当時はビデオというものがなかったので
テレビで流れる映画や音楽の「音」だけを
カセットデッキをテレビの音声のすぐヨコ
においてそのまま「同時録音」して
収集していましたが、
当然「グリース」CMも録音して
よく聴いていました。
(今もちゃんとそのカセットは聴けますし、
持っています)



日本では78年末のお正月に封切されましたが、
当時の私(小6)は
親にせがんで映画を連れて行ってもらう立場
でしたので、
「ジョーズ2」が優先順位の1位で、以下
「ナイル殺人事件」(ミステリー・ナイルが耳に・・・)
「シャレード79」(ファラは当時大人気、
大好きでしたので・・・)、
ここまでで限界、
この作品は結局、テレビで初見でした。



野口五郎&桜田淳子の吹替え(笑)
だったようですが、余り記憶にありません。
その頃はすでにサントラレコードも購入して
さんざん聴いた後でしたが、
音だけでなく動く踊る楽しさ面白さ、
待ちに待った感動は
未だに覚えています。




内容は
ひと夏の恋・・・で別れた2人が新学期、
高校で再会した時~
女は純粋ないい娘のままですが、
男は不良グループのリーダー。
思いは同じだが、
男は周りの仲間の手前、
素直になれず、
もつれはじめた恋のゆくえは・・・?

grese2.jpg


主役のカップルの
当時「サタデー・ナイト・フィーバー」で人気絶頂の
ジョン・トラボルタと
ヒット連発の歌姫、
オリヴィア・ニュートン=ジョン。
2大スターの顔あわせの魅力が大。



ビデオ、DVDで何度も観ておりますが、
2大スターの魅力に加えて、
全編に流れる曲がいいんです!名曲揃い。
中でも「慕情」パロディ?の後の
オープニング「グリース」、
トラボルタ組とオリヴィア組のダンスによる
「想い出のサマーナイツ」、
ダンス・コンテスト
(主役2人をもちょっと長く見たかった)の
「ボーン・トゥ・ハンド・ジャイヴ」、
の場面は何度観てもわくわく!
感動しますね。



1番好きなのは
ラスト卒業パーティの件り。
彼女オリヴィアにあわせて不良を卒業する!
と真面目なファッションに着替えたトラボルタ、
しか~し目の前に現れたオリヴィアは・・・
驚くトラボルタ、
で「愛のデュエット」!コレ最高。
たたみかけるように「ウィ・ゴー・トゥギャザー」!
・・・実に楽しい、興奮のクライマックス、
最高のエンディング。



で、オープニング同様「グリース」が流れる中、
卒業アルバム風のエンド・クレジット。
今観ると
過ぎ去った自身の時代と重なって
ちょっと切ないデス。

grese3.jpg


細かいこと言えば、
内容自体は目新しくないですし、
やけに老けた高校生キャストは
今観ると気になりますし、
ミュージカル場面の振り付けが最高、
とはいえないところが多々ありますが、
とにかく無邪気なつくりで
楽しいですし、元気が出る、
好きな作品です。
1度観てほしいですね。



グリース スペシャル・エディション [DVD]グリース スペシャル・エディション [DVD]
(2006/09/08)
ジョン・トラヴォルタオリヴィア・ニュートン=ジョン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/12/20 03:23 】 | ミュージカル | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。