スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ポール・ニューマン(1925~2008)「暴力脱獄」(67年)
paulnewman1.jpg

ああっ、この時がきてしまった・・・
闘病中と聞いていましたが、ショックです。
映画史に残る偉大な俳優の1人、
ポール・ニューマンが9/26に亡くなりました。


小学2年生の時劇場で観た
「タワーリング・インフェルノ」(74年)で
外国映画のもの凄さと面白さにビックリ、
映画(洋画)好きのきっかけと、
スティーヴ・マックィーン&ポール・ニューマンが
名前を覚えた最初の映画スターでした。


その後テレビで「映画」と名のつく番組があれば
なんでもかんでもできる限り観まくり、
観たい映画は親にせがんで行ったりもしましたが、
中学生になる頃には、たくさんの映画俳優の中で、
すっかり2人の大ファンになっていました。
私の「好きな映画俳優ランキング」で、
マックィーン&ニューマンの2人が1番なのは
その頃から今現在も変わっていません。
(ちなみに息子の名前に使わせていただきました)


マックィーンが先に旅立ちましたが、
その後もニューマンは活躍しまくって
息の長い活動をしてくれました。
1番映画を観た中学~高校の時期に
公開されるのは観に行きましたが、
「世界崩壊の序曲」(80年)という珍作のほか、
「アパッチ砦ブロンクス」(81年)「スクープ」(81年)、
中でも「評決」(82年)は2度行くほど大好きな傑作でした。
劇中の「ビールに生卵」は真似していましたね(笑)。


オスカー(アカデミー賞)に関しては
「評決」でとるだろうと思っていましたので
外れた時は残念でした。
・・・その時の主演男優賞は「ガンジー」のキングスレー。
観に行きましたが、途中で寝てしまったコトもあり、
余計に腹が立ちました(笑)。


「ハスラー2」(86年)でようやく受賞しましたが、
9回ノミネートされた作品の中では
「暴力脱獄」「評決」「ノーバディーズ・フール」の
どれかで受賞して欲しかったなぁ。


paulnewman2-2.jpg


「暴力~」は邦題がヘンですが、
刑務所を舞台にした傑作人間ドラマ。
権力に反抗して、
何度も脱獄を繰り返す男を描いた内容。
ダーティヒーローとか悪い奴ではないので
応援してしまうのはもちろんですが、
一匹狼で余り語らず、心に秘めた何かを
行動や不敵な笑みで見せるニューマンが実に魅力的。


ユーモアあふれる卵50個喰いや
舗装工事はじめさまざまなエピソードも
印象に残りますし、
囚人の間で“COOL HAND LUKEの伝説”となり、
その精神は引き継がれるラストには感動の涙。


なぜ脱獄を繰り返すのか、
具体的な理由が語られていない辺りも
いろんな解釈ができ何度も観てしまう魅力の1つです。

もう何度も観ていますが、テレビが初見でしたので、
ようやく日本語吹替が収録されたDVDの
新発売は嬉しいですね(川合伸旺の吹替だといいんですが)。


「ノーバディーズ・フール」(94年)は
ニューマンのイメージを反映した主人公が抜群。
脇にも豪華演技陣を配して、
小さな町を舞台にした暖かな人情ドラマの傑作。
もっとこの世界に浸っていたい、
終わるのが残念に思った作品でした。


もちろんほかにも名作はたくさんあり、
先に挙げた作品以外に特に好きなものは
「傷だらけの栄光」(56年)「ハスラー」(61年)
「動く標的」(66年)「明日に向って撃て!」(69年)
「ロイ・ビーン」(72年)「スティング」(73年)。
これらの作品はそのうち詳しく紹介したいですね。


昨年引退宣言をしましたので、
俳優としては悔いのない人生だったかと思いますし、
数々の名作・名演技を残してきましたので、
永遠に語り継がれる大スターです。
長年楽しませていただき、ありがとうございました。

暴力脱獄 特別版 [DVD]暴力脱獄 特別版 [DVD]
(2008/10/08)
ポール・ニューマンジョージ・ケネディ

商品詳細を見る


暴力脱獄 [Blu-ray]暴力脱獄 [Blu-ray]
(2008/10/08)
ポール・ニューマンジョージ・ケネディ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/28 16:16 】 | 俳優 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
ビッグ・マグナム77(76年)
カナダを舞台にした“ダーティハリー”風刑事が
活躍するサスペンス・アクション。


1番の見せ場は中盤の約10分に及ぶカーチェイスです。
カーチェイスというと、
今でもアクション映画にはかかせない見せ場の1つですが、
1968年「ブリット」から過激になりブームとなり、
それ以降70年代アクション映画では
「1番の見せ場」として宣伝されていましたし、
「カーアクション映画」というジャンルができるほど、
山のように作られ、当然私もたくさん観ました
(カーアクション映画についてはそのうち改めて
触れたいと思います)。


ただぶち壊すだけでは面白くないですが、
「絵」になるショットがあると嬉しくなります。


本作は
ブリット風の坂道ジャンプのほか急坂下り、
貨物列車の上を飛び越えるなど
「絵」になる場面があって見応えがあります。
その一部を抜粋しました。





細かいことを言えば
横転用の台が見えていたり
片側道路を塞いでいる高い砂山や消化栓など
いかにも用意したという不自然さが残念で、
この場面にあまりあわないまったりとした音楽もあって
10分は冗長な印象。
追っていた男は犯人でもなんでもないところも笑えます。


この場面を含め作品全体にも言えますが、
いかにもイタリア映画らしい、いいかげんというか
おおらかなところがあちこちに見え安っぽい印象ですが、
妹の死の真相を探るミステリー風の展開は
それなりにまとまっていますし、
銃撃・格闘などのアクション、
女優陣のお色気などを合間に挟み、
最後まで飽きさせない作りにはなっています。


「素晴らしきヒコーキ野郎」「ガイアナ人民寺院の悲劇」の
スチュアート・ホイットマン、
「スパイ大作戦」「スペース1999」の
オスカー俳優マーティン・ランドー、
「燃えよドラゴン」「地獄の謝肉祭」のジョン・サクソン、
「ヘルハウス」「スコルピオ」のゲイル・ハニカット、
「サンゲリア」「マッド・フィンガーズ」のティサ・ファロー、
「メナース」「勝利への脱出」のカロル・ローレ
とキャストはにぎやか。
監督はアルベルト・デ・マルチーノ(マーティン・ハーバート)、
音楽はアルマンド・トロヴァヨーリ(黄金の七人)。


カースタント&第二班監督はレミー・ジュリアン。
「ミニミニ大作戦」(69年)「007」シリーズなど
ヨーロッパ映画のスタントの第1人者。
カナダ&イタリア映画。
 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/27 16:09 】 | アクション・アドベンチャー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「ハチミツとクローバー」(テレビアニメ版・2005~6年)
羽海野チカ原作の人気コミック(漫画)。
美術大学を舞台に、
さまざまな事情を抱えた9人の青春群像劇。
9人それぞれのドラマが丁寧に描かれ
恋愛だけでなく、人生ドラマの側面もあり、
間に挟まれるギャグも絶妙です。
896anime2.jpg


なにより、
主要5人は大学生なんですが、
恋愛年齢は中学生くらいなところがミソで、
その純粋さが「片思い」をよりせつなくさせる
効果につながっており、
この作品をさわやかな印象にした
最大の要因でしょう。
(リアル嗜好の人にとっては
そこがひっかかるかも。)


連載中から読んでいて、とても好きな作品でした。
実写映画化、実写TVドラマ化、TVアニメ化され、
当然全て観ましたが、
実写ものは予想通り今ひとつ(台湾版は観ていないですが)。


私が1番気に入ったのは
原作以上に、テレビアニメでした。
もちろん原作は名作なんですが、
男なのでど~しても細かいコマ割やセリフなど
読んでいるようで読んでいない箇所もあったりして(苦笑)。


その原作を、
ものの見事に完結まで忠実に映像化した点に
まずビックリです(途中で終了すると思っていたので)。
更に使用されたさまざまなアーティストの曲・
劇中音楽も素晴らしく、
声優陣も違和感なく、
原作者が製作に深くかかわったのがよかったんでしょう、
私にとって、今まで観てきた、
原作漫画をテレビアニメ化した作品の中では最高作です。


1STシーズンでは、本編終了間際にスネオヘアー
「ワルツ」のイントロが流れてくるんですが、
そのタイミングがこれまた絶妙。


シリアスな展開が中心の2NDシーズンは
原作以上に泣きまくり・感動しまくりでした。
896anime.jpg

全36話(セルDVDはTV未放映の2話収録)、
通しで2回、好きなところは何度も観てます。おすすめです。



ハチミツとクローバー 1 (初回限定版) [DVD]ハチミツとクローバー 1 (初回限定版) [DVD]
(2005/08/26)
神谷浩史工藤晴香

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2008/09/27 15:03 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ソルジャー・ボーイ(72年)WELCOME HOME、SOLDIER BOYS
「タクシー・ドライバー」「ローリング・サンダー」
「幸福の旅路」「帰郷」「ランボー」など
ベトナム戦争の帰還兵の空しさ・挫折感などの心理
を正面から描いた元祖的作品。


除隊になった4人の仲間が、貯金を手に
牧場を経営するという夢をかなえるため、
豪華な中古キャデラックを購入して
カリフォルニア目指して長い旅に出発、
最初こそ意気揚々としてバカ騒ぎもしますが、
1人の実家へ行って以降は
徐々に厳しい展開になっていきます。


故郷で再会した友人・家族・世間と彼らのズレ、
戦争へ行っている間に彼らだけが取り残された、
という現実が淡々と積み重ねて描かれ、


そして旅を続けていくうち、
会う人会う人が次第に彼らへの嫌悪感を表に出し、
車を修理に出した先では値段をふっかけられ、
保安官の命令もあって支払うハメになった上、
「二度とくるな」と冷たい言葉をあびせられ・・・。


国のために戦ったのに、
帰ってくれば邪魔者扱い・・・
ベトナム戦争の帰還兵に関して、
散々耳にした言い回しの1つですが、
本作は終盤を迎える頃には
彼らの絶望感・虚無感が痛いほど伝わってきます。


そしてクライマックス。
ホープ(希望)という田舎の町に着いた時には
無一文近くになっており、
給油をしようにもガソリンスタンドは閉店。
陽が昇っても店主がいつまでたっても出てこないので
鍵をこわしはじめる彼らのもとへ、
店主が呼んだであろう
警官が静かに近づいてくる・・・。


それまで車のトランクの中は
ハッキリ映っていなかったのですが、
警官を対峙した際にようやく映るんですね。


細かいカットと緩急をつけた編集、
ドキュメンタリー風のカメラワークで
アメリカの田舎町があっという間に
ベトナムへ変貌する様は今観ても見応えあり。
そのクライマックスの一部を。





4人の中のリーダー、ジョー・ドン・ベイカーは
本作の後「突破口!」「組織」という
傑作B級アクションで注目され、次作
実在の主人公を演じた
「ウォーキング・トール」が全米大ヒット。


ポール・コスロ、アラン・ヴィント、
ビリー・グリーン・ブッシュ、ジェフリー・ルイス
他70年代のクセ者役者共演。


観終わってやりきれない空しさが胸に迫る
隠れた傑作です。


ちなみに帰還兵を扱った作品は1967年に
「地獄の天使」(トム・ローリン主演)があるけど、
後遺症とは無縁で、
当時のトレンド“暴走族”がメイン。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/26 08:26 】 | ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ロッキー・ザ・ファイナル(2006年)
シルヴェスター・スタローンの出世作でもある
「ロッキー」の今のところの最新作。
今までの5作はみんな好きです。
1~3は言うまでもなく、
プロモビデオの4もサクサク、
としたテンポでいいですし、
特にボロクソに言われている5ですが、
ボクサー役トミー・モリソンがミスキャストと思う以外は、
1作の下町人情ドラマを思わせるつくりで、楽しめました。


スタローンはこの6作を作る動機の1つに
5のラストがボクシングじゃなかった点を挙げているようですが、
私にとってはその点が本作の欠点になりました。


rocky6.jpg

さてシリーズ第6作「ロッキー・ザ・ファイナル」ですが・・・
愛妻エイドリアンを亡くしたショックから
いろんな事件を経て、
やはりボクサー、
試合を通じて立ち直るお話。


第1作(76年)から30年ですからね、
シリーズの雰囲気そのままの
なにげない生活描写や
人々との交流部分が丁寧に描かれているので、
どこかで聞いた見たセリフといえども、
年月の重みがずしっ、とくるので
うるうるしっぱなしでした。
義兄ポーリーの年老いた姿にも涙・・・。


途中までそういう展開で見応えがあったので、
ファイトシーンはクライマックスにほんの少しかな、
と想像していたのですが、試合の件が絡みだしてから、
それまでの丁寧なドラマ運びが急に雑になってきます。


特に、疎遠だった息子との和解?のあっさり感や
ヒロインの息子もわりと丁寧に描かれていたのに
急に身内その1的扱いになり・・・
その2人でロッキーをめぐって「俺の親父だ!」みたいな
対立から生まれるドラマを勝手に期待したのに。


どうやらスタさんは当初の予定どおり、
ファイトシーンをメインにしたかったようで、
それはそれでいいんですが、
もっと前半の伏線の回収を
丁寧にしてほしかったですね。


で、そのファイトシーンですが、
私の想像を遥かに超える試合展開で、
思わず『映画なんだな』と冷めてしまいました。
こんな試合はありえません。
そんなファンタジーみたいなファイトシーンだったので
余計にガッカリしました、いらなかったです。


個人的には本作を、
ファイトシーンは最小限で人間ドラマメイン、
でTVシリーズ化してほしいですね。
大半の人は観ないでしょうが・・・。


トータルの評価ですが、
試合がはじめるまで、が面白かったです。
もちろん、5がダメだった人には
「これぞ、ロッキー最終作」にふさわしい、
と思えるつくりになっています。


肝心なのは、
シリーズを全く観たことがない人は
感動の度合いが違うと思いますので
観ないほうがいいかも。


本作より当然1作がいいですので、
そっちを観たほうがいいです、絶対。


ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]
(2008/12/05)
シルベスター・スタローンバート・ヤング

商品詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/25 19:02 】 | ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「ターボ・クラッシュCAR CRASH」(81年)
当時中学3年生。正月映画として映画館へ観に行った。

同時上映(なつかしい響き・・・)の

「勝利への脱出」(スタローンのサッカー)が目当てでしたが、

カーアクション映画も好きなのでそれなりに楽しめました。



内容は、レーサーと整備士のコンビが

ギャングの数々の妨害にもめげず旅を続けながら、

地域最大のレースで優勝するまでを描いた内容。



ジョン・トラヴォルタの兄ジョーイが主演、

が作品の売りの1つのようですが、

本編を見ればわかりますが、全然魅力なし、

内容自体も目新しくなく、ごく普通。

・・・となると、カーアクション映画らしく、

やはりその場面が見ものなんですが、

別の意味でスゴイんです。



車が単に激突、ジャンプしたりするのは

「普通の車」を使用しているんですが、

爆発したり、激しい場面になると

なんと「ミニチュアの車」を使用しているんです!

ちゃんと走るのでラジコン仕様かと思いますが、

当然軽いので、車自体の揺れが激しく、

それが実に笑えます。

当然まわりのドラム缶や小道具もミニチュアです。



CMでも流れていた最大の見せ場・・・

貨物列車と車の激突場面です。↓




ターボクラッシュ(81年)見せ場1


車がはじきとんだ直後、

タイヤがはずれるんですが、

そのはずれかたがまんまミニカーと同じ(笑)。

(画面が小さくてわからないと思いますが)



冒頭のレースシーンは別の記録フィルム使用ですし、

アクションシーンの早回し、田舎が多いロケ地・・・

低予算映画の常套手段ですが、

本作はその肝心の見せ場をミニチュアで見せる、

という点が大胆というかなんというか(笑)。


監督は「恐怖の人喰い魚群」(ミニチュアによる

ダム決壊場面が、冗談抜きでよく出来てる)、

「地獄の謝肉祭」(そのうち紹介したいですね)の

アンソニー・M・ドーソン。



現在DVDは未発売なんですが、

本編より、そのメイキング(撮影風景)が見たいですね。

ゴジラとか特撮映画同様の興味があります。



☆尚古いので、ビデオ屋でもみかけないと思いますが、

おすすめとかでは絶対ありませんので(笑)。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/25 08:40 】 | アクション・アドベンチャー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
太陽と海の教室
フジテレビの“月9”ドラマ。

視聴率が悪いとかいう話、織田裕二の学園もの、

という程度の知識しかなく、

もともとTVドラマは
続きが気になるのがイヤなので観ないんですが、

TVをつけたままほかのことをしていたら・・・
結局観続ける事に・・・。




とはいっても観たのは中盤の5話からで、

5話自体は特に印象はなかったんですが、

思わせぶりな「次回予告」に引きづられ、

それ以降結局最終回まで観てしまいました。




観終わった感想ですが、『中途半端』。




目玉であろう自殺騒動のエピソード、

何話かにわたって丁寧に描かれており、

面白くみせてもらったけど、

肝心の洋上ボートの見せ場に全く緊迫感がなく

(TVとはいえ、この場面はヒドイ)、

思わず笑ってしまった。




何より核となる生徒=大政絢の

事件後の掘り下げがないのが残念だし、

最終回の最後に再登場しますが、

あれだけの事件だったのに、

「時間が解決した」風な大人の対応を見せる

生徒たちにビックリです。

立ち直りの早いこと(笑)。




どうも終盤は駆け足気味で、

とにかく終わらせたというかんじ(打ち切り?)。

「日輪際」含め、

感動を生みそうないろいろな伏線があったのに、

表面をなぞっただけでみんな軽くなりましたね。

八嶋智人のキャラも中途半端だったし。




学園ドラマの名作「3年B組金八先生」がそうですが、

大きい事件が絡むと1クール(3か月)じゃ無理

なんだよね~。


taiyouto.jpg





なんだか悪いことばっかり書いていますが、

1番印象的だったのは、悪役=小日向文世でした。

彼のエピソードはスジが通っていて、

唯一文句ない綺麗な終わり方でした。

もうけ役ですね。




ほかに良かったところは、

織田裕二の講義というか生徒への話には

うんうんとうなずけたり、いい話があったし、

北川景子、北乃きい、吉高由里子、谷村美月、

大政絢(このドラマで、ファンになりました(笑))、

ほか最近よく見る女優陣が目の保養になった点ですね。




なお主人公、織田裕二ですが、

「彼女が水着に着がえたら」「ベストガイ」TVの「予備校ブギ」

辺りから見ていましたが、

長い間「映画」の主役を張っている、

というところは凄いなと思ってます。

今回はドラマの出来が今ひとつだったので、

ソツがない無難な印象しか残りませんでした。


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/09/23 18:55 】 | テレビドラマ・TV・CM | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
デジャヴ(2006年)
1999年以降、映画は余り観なくなりましたが、
その中でも久しぶりにある場面で興奮させられた1本。




「トップガン」「ビバリーヒルズ・コップ2」「トゥルー・ロマンス」
「ザ・ファン」「マイ・ボデイガード」など観て損はしない、
トニー・スコット監督(最高作は「クリムゾン・タイド」でしょう)&
デンゼル・ワシントン主演、
ということでDVDで鑑賞。




大量の犠牲者を出したテロ事件を捜査していく
火事(+α)の捜査官ワシントンのキレ者ぶり(頭のことです)を
描く冒頭からテンポよく、
FBI特別チームに参加する辺りから面白くなってきます。




4日と6時間前の映像を見ることができる装置を使って、
テロ事件の犯人を追う=
事件以前の現場や周囲を調べることができる、
という斬新なアイディアで展開していく訳ですが、


さまざまな制約があり、簡単にはコトは進まない点も巧く、
その状況に業を煮やしたワシントンが、
犯人を追うためそのシステムを搭載したヘルメットを使って、
道路を暴走する場面(↓)が実にスリリング!



dejavu.jpg



左目で過去の同じ場所の映像を見て犯人を追うんですが、
右目は今現在の場所なので状況が違い、
ほかの車とクラッシュ!クラッシュ!・・・
1番の見せ場で興奮しっぱなしでした。




その追跡のおかげで犯人がつかまるわけですが、
私の興味はそこまで、でした。
ここまではおすすめできますね。




それ以降はそのテロ事件を防ぐ=過去を変える、
という今まで散々観てきた「タイムトラベルもの」と変わらない話、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ターミネーター」
「グランド・ツアー」「恋はデジャ・ヴ」
「ドラえもん」「時をかける少女」・・・
と思いつくだけでリストが作れますが、
そういう展開になりますので、それが残念ですね。



おまけにラストも例にもれず
タイム・パラドックスの矛盾がありますし。

途中で過去の自分に
現在の情報をメモにして渡そうとする
プチ見せ場があったので、
てっきりそういう展開でいくのか、
とかいろいろ想像しただけに、
「フツーの展開」がもったいないですね。




残念というか意外だったのがヴァル・キルマー。
「トップ・シークレット」「トップガン」「トゥームストーン」
「ドアーズ」「ヒート」と過去数々のクセ者を演じていたので、
絶対悪ボスはこいつだ!と勝手に思っていたんですが、
フツーにいい人でした(笑)。




トータルの評価ですが、前半の面白さで逃げ切り、
ということで『観て損なし』です。



デジャヴ [DVD]デジャヴ [DVD]
(2007/08/03)
デンゼル・ワシントン. ポーラ・パットン. ヴァル・キルマー. ジム・カヴィーゼル. アダム・ゴールドバーグ

商品詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/23 00:53 】 | サスペンス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
悪魔のいけにえ
今日ひさしぶりに「悪魔のいけにえ」を観た。
ホラー映画史に残る名作、の1本。


もう10回以上は観ているのだけど、
今回は2回目のDVDリリース版(デックス発売)を
はじめて観てビックリ。
過去のビデオ、LD、DVDの中では
その画像の綺麗さが全然違う。
隅々まで目をこらして観た。


ikenie.jpg


改めて印象的な美しい場面の数々、
ドキュメンタリータッチの緊張感、
個性的でユーモアあふれる殺人一家の面々・・・
ホラー映画のクラシック=名作なのは間違いないんだけど、
初見したのは↑初ビデオ化された85年。


この年は”スプラッター(血まみれ)映画”というネーミングを
定着させたパワフルな
「死霊のはらわた」(サム・ライミ監督)が
公開された年で(当然観に行きました)、
それと同時に
「レンタルビデオ」のブーム&ホラー映画ブームが
起こり、
た~くさんのホラー映画が
ビデオ化されはじめた年でもあります。


・・・そういう中で
過去の記事・情報でさんざん「怖い」「凄い」云々、
『伝説』と化していた本作が待望のビデオ化!
いやがおうにも期待が・・・


で、結局初見の感想は、「怖くなかった」んです。
ホラー=怖い、という期待がどうしてもあるので
最初のナイフ切り場面に「ゾッ」とした以外は
余り印象がなくて、正直期待外れでした。
1974年公開時に観たかった!
・・・それが非常に残念ですね。
初公開時に観た人がうらやましい。


でも今回再見して思いましたが、
この映画は「芸術ホラー」ですね。
綺麗な美しい場面が実に多い・・・
ラストのレザーフェイスの乱舞にはうっとりでした。

悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]
(2009/01/30)
マリリン・バーンズポール・A・パーテイン

商品詳細を見る



続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/22 00:11 】 | ホラー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。