スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
臼井儀人(1958-2009年)『クレヨンしんちゃん』
sinchan2.jpg


>行方不明だった
>人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、
>臼井儀人(本名・臼井義人)さん(51)について、
>群馬県警は20日、
>荒船山で見つかった遺体を
>臼井さんと確認したと発表した。




大変ショック、残念です。
連載当初からファンでした。
その後生まれた
私の息子も大ファンです。




TVアニメ・映画作品も
面白いですが、
原作のほうも
未だに
レベルが落ちることなく
爆笑させてくれていたのに・・・。




原作はともかく、
アニメなどが
今後どうなるのかすごく不安です。




これだけの作品ですから
なんとか「ドラえもん」
「サザエさん」同様
続けていって欲しいですね。
このまま終了になると、
余りに寂しすぎます・・・。




ちなみに
原作でアニメ化されてない話も
たくさんありますし、
TVでもとりあげてましたが、
まつざか先生と徳郎先生の
長編作品は
原作では異色なんですが、
涙涙の感動作なので
出会いから別れまでを改めて
アニメ化してほしいですね。




原作で異色、といっても
劇場アニメで先に
ラストが異色な「戦国大合戦」を発表しているので
それを考えると
全然問題ないと思いますし。




そういえば、
徳郎先生が外国へ旅立つ
エピソードもいい話でしたし、
TVでも放映されましたが、
サザンの「希望の轍」をBGMで使用していたせいか
ビデオ・DVD化されておらず残念。
ビデオに録画したので、
過去何度か探していますが、
未だ見つからず・・・。




原作・アニメ・映画と
どれも笑いあり涙ありと
楽しませてくれました、
本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。




↓私のしんちゃんグッズの一部
sinchan400.jpg
スポンサーサイト

テーマ:クレヨンしんちゃん - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/09/21 02:18 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「東京マグニチュード8.0」(2009年・TVアニメ)
tokyo2.jpgtokyo3.jpgtokyo1.jpg




大地震を題材にしたもの・・・
「日本沈没」「地震列島」などの実写映画や
「サバイバル」「ドラゴンヘッド」とかの漫画では
わりと見るものの、
TVアニメでは
余り目にしたことがないので、
今のアニメ技術、という点でも
大いに期待しましたね。




主人公の中学1年生の姉・未来と
小学3年生の弟・悠貴、2人の姉弟が
東京で大地震に遭遇し、
そこで居合わせた
シングルマザー真理と3人で
家路を目指す、
ロードムービー形式
サバイバルドラマ。




tokyomirai.jpgtokyoyuki.jpgtokyomari.jpg




前半エピソードで描かれる
大地震の見せ場の数々は、
大都市東京が舞台というのもありますが、
同じ題材の日本実写作品よりも
『見せ方』が巧いので、
なかなか迫力があり
余震による
橋破壊、津波なども見応えあります。




個人的には
東京タワー倒壊場面が圧巻。
ガメラやゴジラなど怪獣映画で
簡単に破壊されたりするのは
よく見ましたが、
地震による詳細な段階?を踏んでの
自然な倒壊描写に興奮しましたね。
(ここの件があとで・・・)




tokyojisin1.jpgtokyojisin2.jpgtokyojisin3.jpg
tokyotowerhoukai1.jpgtokyotowerhoukai2.jpgtokyotowerhoukai3.jpg






ささいな難点を言えば、
実際の東京の地理を知らないのは
別にしても
目的地までの距離の
具体的な説明がないので
時間的な緊張感とかがなく、




TVの制約もあると思いますし、
焦点を絞るため省略したのは当然ですが、
アナウンスされる
犠牲者の数のもの凄さに比べて、
彼らの行く先には
死体丸出しなどの描写はなく、
人々の混乱パニックの描写も少ないので
彼らの道中は
いくらかのんびりした印象を受け、
ちょっと拍子抜けします。
(ビル内でのバットを持った誰か
が迫ってくるとこは緊張したけど・・・)




もちろん、そのささいな点は
ドラマ部分でカバーできてますので
充分許容範囲ですが。




tokyo3nin1.jpgtokyo3nin2.jpg






中盤は、
道中出会う
さまざまな事情の人たちとの交流
が描かれ、
それに伴い終始不機嫌だった
未来の態度も
素直に変化を始めるわけですが、
そこでは
ボランティアの老夫婦の話が
悲しくて胸に迫りますね




tokyocyuban1.jpgtokyocyuban2.jpgtokyocyuban3.jpg




-----------------------------
未見の方は「ネタバレ」になるので
↓これ以降は観てから読んだほうがいいかも。

---------------------------------




終盤は
いや~ビックリしました
家族と無事再会した真理と別れて、
未来と悠貴2人で家路へ急ぐことになるのですが、
その前に
病院へ運ばれて手術~退院の
一連のやや混乱した描写に
「おやっ?」とは思いましたが、




まさかそれ以降
「シックス・センス」、
古くは「ふくろうの河」
日本なら「黄泉がえり」?
的手法を見せて展開するとは・・・。




tokyo10-1.jpgtokyo10-2.jpgtokyo10-3.jpg




10話で完全に
タネ明かしがされますが、
それまでリアル志向な展開を見せながら、
終盤でこういう見せ方をするか~
という意外性
それにともなう悲しい結末
二重にビックリでした。




悠貴の友達イツキ君も絡んでの
学校~教室の場面や
家倒壊のあと
「ごめんね。」
なんて謝ってくる場面とか、
子供がいる身分としては
ま~涙涙、
やりきれませんでしたねぇ。




更に最終11話は
涙腺が緩みっぱなしな内容で
全編、号泣しっぱなし・・・。
こんな泣いてばっかりな作品は
久しぶりでした。




tokyolast1.jpgtokyolast2.jpg



悲惨な状況の中、
主人公の成長、
被害にあった人々のさまざまなドラマが
しっかりと描かれ、
終盤の仕掛けに
感動すること間違いなし、
見応え充分!おすすめです




tokyomiraiyuki1.jpgtokyomiraiyuki2.jpgtokyomiraiyuki3.jpg


東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [DVD]東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [DVD]
(2009/10/28)
花村怜美小林由美子

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/09/19 00:47 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
パトリック・スウェイジ(1952-2009)
あ~また私の青春スターが1人、
この世を去ってしまった・・・残念。




1年半にわたって闘病生活を続けていましたが、
14日にすい臓ガンで、57歳で死去。




psweze1.jpg


1番よく映画を観ていた学生時代、
高校生のときに
ジョン・ミリアス「地獄の七人」(83年)が最初でした。
映画も面白かったんですが、
ジーン・ハックマンやフレッド・ウォードはじめ
渋い演技陣の中で、
若いスウェイジは儲け役ってかんじで
印象に残りましたね。




地獄の7人 [DVD]地獄の7人 [DVD]
(2005/03/25)
ジーン・ハックマンロバート・スタック

商品詳細を見る


学生でしたので、
観る映画は主にエンタティンメント作ですから
続く「アウトサイダー」(83年)、
「若き勇者たち」(84年)、
社会人になって
「栄光のエンブレム」(86年)、
と観る作品にみんな彼が出てました。
気のいい兄貴的役ばかりでしたが、




若き勇者たち [DVD]若き勇者たち [DVD]
(2007/12/21)
パトリック・スウェイジ

商品詳細を見る


栄光のエンブレム [DVD]栄光のエンブレム [DVD]
(2007/10/26)
ロブ・ロウ

商品詳細を見る



続く
ダンサーの身のこなしを生かした
ダーティ・ダンシング」(87年)が
本国アメリカで大ヒット!大ブレイク!
ブログにも書きましたが、
大好きな作品ですし、
個人的には本作が彼のベスト!




ダーティ・ダンシング コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]ダーティ・ダンシング コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]
(2009/09/09)
ジェニファー・グレイパトリック・スウェイジ

商品詳細を見る



「ダーティ~」は日本では
それほどヒットしなかったので残念でしたが、
その後の
ゴースト・ニューヨークの幻」(90年)は
世界はもちろん、日本でも大ヒットして
彼の存在がようやく知られましたね。
映画ももちろんいい作品で、
映画館でうるうる~
ラストは泣きました~。




ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・デラックス・エディシ [DVD]ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・デラックス・エディシ [DVD]
(2007/05/25)
デミ・ムーアパトリック・スウェイジ

商品詳細を見る



続く「ハートブルー」(91年)は
キアヌ・リーヴスが注目された作品でしたが、
空・陸・海で繰り広げる
スポーツ・アクションがメインなので
身のこなしなどさすがスウェイジ!
個人的には彼のほうが
カッコ良かったデス。
そういえば
「ワイルド・スピード」(2001年)は
本作の車版みたいデスね。




ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/11/02)
キアヌ・リーブスパトリック・スウェイジ

商品詳細を見る



その後は
「シティ・オブ・ジョイ」(92年)
「WISH」(95年)とか
余り彼向きでないドラマ作品が多かったですが、
B級丸出しアクション
「ブラック・ドッグ」(98年)は
中身は置いといて
元気な彼が見られてイイですね。




「ダーティ・ダンシング」
「ゴースト」という2大名作を遺してくれた
スウェイジ・・・。




楽しませていただき、
ありがとうございました!




psweze2.jpgpsweze3.jpg

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

【2009/09/16 09:38 】 | 俳優 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
「フェイト/ステイナイト」(TVアニメ版・2006年)
奈須きのこ構成原案、
武内崇キャラ原案のTVアニメ。




来年2010年早々、
劇場版が公開されるとのことで
(自分の地域では公開しませんけど)
慌ててのこりを鑑賞。
前半でひと休みしてから1年ほど経ってましたが、
ようやく全24話鑑賞。




fatelast1.jpg


いきなりですが
クライマックス・・・
セイバーの別れ際の告白・・・
号泣しましたよ。
お互いを思うからこそ、の
感動のラスト、でしたね~。
こういう余韻のある幕切れは一番好きです。




fatelast2.jpg

fatelast3.jpg


私は小学生の頃にTV放映されていた、
ラストに主人公が死んだり挫折したりする
数多くのニューシネマ映画に
影響されましたので、




ハッピーエンドももちろんいいんですけど、
それ以上に好きなのは、
アンハッピーな結末の作品ですね。
いつまでも印象に残りますし。
もちろん、
作品的に面白くないとダメですが、
その点でも問題なく、
大好きな作品になりました。




fatecarbant.jpg


内容は・・・
手にしたものの望みをかなえる
「聖杯」をめぐって、
時空を超越した戦士サーヴァントと
その主人マスターを1組にした
7組の殺し合いで争われる『聖杯戦争』。
そのうちの1組
主人公のマスター衛宮士郎と
そのサーヴァント、セイバーの恋愛模様も
絡めて描いたファンタジー・アクション。




「エクスカリバー」と叫んでおやっ?
と思ったらアーサー王だったとか、
佐々木小次郎も登場するなど
ニヤッとする要素も嬉しいデス。




作品としては、特に
バーサーカーとの戦いの件り~
アーチャーのカッコ良さにシビレ、
絶対絶命、
追い詰められた末の逆転劇に興奮、
と中盤が最高に盛り上がって
面白かったですね。




fate2nin.jpg

fateyokogao.jpg


それ以降の後半の展開は
なんだか急ぎ足、駆け足の印象。




主人公のラブストーリーに関しては
十分描写されていましたので、
ラストだけでなく
後半はうるうるしっぱなしでしたけど、
(押井作品やひぐらしの川井憲次の音楽
がまた盛り上げる盛り上げる~)




本題の聖杯戦争の展開に関しては、
最後の敵(言峰&ギルガメッシュ)よりも、
その前の2人
(葛木&キャスター)のほうに魅力があったので
その2人があっさりやられた時には
「あれっ?」でかんじで
とても残念でした。




また、
もっと絡んでくると思っていた
主人公の後輩の桜、友人の柳洞、
同様にバーサーカー戦後のイリヤ、
の扱いが後半になると極端に少なくなるなど、




前半が丁寧な印象でしたので
バランスというか、なんかヘンでしたね。
柳洞なんか
最初からいなくてもいいような気もしますし、
桜も同様ですが、
少なくとも回想で登場するだけで十分ですし。
・・・その2人を省いて、
ほかの部分を濃密に描いてほしかったデス。




~というか
各キャラの背景はじめ、
全体的に「含み」を持たせた描写が多く、
わからないトコもたくさん
あるなぁ、
と思ってウィキ・・・で調べてみたら
なるほど、
オリジナルは膨大なシナリオのPCゲームでした。
そりゃまとめるの大変な訳だ(笑)。




ゲームは好きでよくしますが、
PCゲームは全然しないので知りませんでした。
プレステ2でも発売されているようなので
そのうちやってみよっと。
なんだか知らないコトがたくさんあるようなので
楽しみデス。




改めてアニメですが、
以上物足りない部分もありましたが、
非常に面白い作品でしたね、おすすめデス!




キャラでお気に入りは
ダブルヒロインの
セイバーとリン。
いいですネェ~。




fateceibar1.jpg

fatetoosaka.jpg


そうそう、印象薄で
すっかり忘れていた(笑)ランサーも
終盤、儲け役で好印象。




fateruncar.jpg

Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>Fate/stay night Blu-ray BOX <期間限定生産>
(2009/04/24)
杉山紀彰川澄綾子

商品詳細を見る


Fate/stay night 1<通常版> [DVD]Fate/stay night 1<通常版> [DVD]
(2006/03/29)
杉山紀彰川澄綾子

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/09/07 23:33 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。