スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
☆2010年4月新アニメ・その2
☆『会長はメイド様!』☆




クレジットを見ると女性誌連載コミックの
テレビアニメ化。
男子8割女子2割(だったかな)の
高校の女子生徒会長を
主役にしたラブコメ。




タイトルどおりとはいえ、
その生徒会長は
・お屋敷に仕える代々メイドの家系、
とか
・会長はメイド姿が趣味、
など私の勝手な思い込みとは違い、




貧乏な家計を助けるため
メイドは給料がいいので
アルバイトをしているだけ、
という点が弱いなぁ、
ってひっかかる程度で




デフォルメしてかわいらしくなる絵や
その会長の秘密を知った
学園1の変人イケメン男が絡んできて
ドタバタするなど
よくあるパターンながら
テンポ良く、
十分楽しめましたね。
続けて観たい作品。




kaichouhameido.jpg   kaichouhameido2.jpg



☆『いちばんうしろの大魔王』☆




ハリー・ポッターみたいな
魔法学園を舞台にした
学園ファンタジーコメディ。




世界平和をめざす
マジメ一筋の主人公。
ところが
編入した魔法学園の健康診断で、
適正職業が
世界に破壊をもたらす「魔王」
と診断され
一躍学園中の注目をあびることに・・・。




言うことなすこと
本意とは逆に
魔王に結び付けられてしまう展開が
お約束とはいえ笑えますし
なんだか強力な力を
秘めているような見せ方も
興味をそそられますね。




登場した女性キャラ2人が
「けいおん!!」の
唯(豊崎愛生)と澪(日笠陽子)なので
嬉しかったデス。




ちょっとエロ要素があるのが気になりますが、
内容が面白そうなので続き観ます。




1banusiro1.jpg 1banusiro2.jpg 1banusiro3.jpg




☆『B型H系』☆




エッチ友達100人を目指す女子高生
描くラブコメ。




夢は100人とのエッチだが、
男性との交際すら
未経験な主人公・山田が
初めての相手、と目をつけたのは、
誠実だが目立たない
クラスメイトの小須田。




小須田の家まで押しかけ
迫ってみるものの・・・
というふつ~な展開で1話が終了。




小須田のキャラも丁寧に
描かれているので
最初から今後の展開が
見えるような内容で、




このまま100人までを
順々に描いてくれると
スゴイ作品だと思いますが、
それは絶対ないでしょうし、
エロな要素も多いので
これで次は観る事はないですね。




bgatahkei1.jpg bgatahkei2.jpg bgatahkei3.jpg




☆『kiss×sisキスシス』☆




血のつながりのない双子の義姉
あこ、りこに迫られる毎日を送る
中3の圭太を主人公にした
ラブコメ。




先の「B型H系」以上の
エロ風味が満載で、
圭太のパンツをめぐる2人の
場面でもうやめようか、
と思いました・・・
どこかいいところはないか~
と最後まで観てみましたが、
う~ん、観る価値なしでした(笑)




いかにもエロもの?みたいな絵柄
も好きではないですが、
この手が好きな人はいいのかも。
私は
この作品も、もう観ることはないですね




kisssis1.jpg 



☆『迷い猫オーバーラン!』☆




同じ孤児院で育った
マジメな巧とツンデレの文乃。
人サイズほどの大きい猫をめぐって
学校のオーナーの娘、千世や
巧の友人の家康も絡んで
騒動が繰り広げられる・・・




OP早々またパンツ見せ、
でおいおいまたかよ~
と嫌なかんじがしましたが、
エロ方向の作品ではなかったんですけど、
1話を観た限りは
どんな話なのかさっぱりで、
学園ラブコメなんだろうけど、
う~ん、面白そうな要素が
1話からは見当たりませんでした・・・




最後に新キャラの女の子が
ちらっと登場しましたので
のんびりと見せていくつくり
なのかな?




・・・それにしても
アニメ・コミック作品って
「猫」が好きですねぇ。
ここ最近だけでも
「にゃんこい!」
「おまもりひまり」とか。
猫耳は可愛いですけど(笑)。




mayoineko1.jpg mayoineko2.jpg mayoineko3.jpg


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/04/18 02:49 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『とある科学の超電磁砲(レールガン)』その3(テレビアニメ・2009年10月~2010年3月)
toaruop1.jpg toaruop2.jpg toaruop3.jpg
toaruop4.jpg toaruop5.jpg toaruop6.jpg






超能力学園都市を舞台にした
SF学園青春アクション。
あ~とうとう終わってしまった~
さびしいなぁ。




後半は・・・



・アンチスキルの鉄装綴里の
ドジ続きの夏休みを描く17話、
小萌、黄泉川と3人揃いの
姿が笑えますね。




toaru17-1.jpg toaru17-2.jpg toaru17-3.jpg




・黒子に引き込まれ、
寮監の秘密を探るうち、
恋のキューピッドとして
ひと肌脱ぐことになる
美琴、初春、佐天ら4人を描く18話、




toaru18-1.jpg toaru18-2.jpg toaru18-3.jpg




・美琴、黒子の女子寮が
一般開放される「盛夏祭」を描いた19話、
そのにぎやかな様子が楽しく、
「禁書目録」の当麻やインデックスも登場、
美琴が「Real Force」の
バイオリン演奏を披露する場面もあり




toaru19-1.jpg toaru19-2.jpg toaru19-3.jpg




・・・と楽しい息抜きエピソード3話
を挟んだ後の20~最終24話は
前半のレベルアッパー事件につながる
ポルターガイスト騒動にはじまり、




事件の真相に迫る合間に
新キャラの春上衿衣をめぐって
初春と黒子の対立、
真相を追い1人で突っ走って反撃にあう美琴・・・
など4人の葛藤のドラマも描いた末に、
満を持して
最後の敵との戦い・・・
いや~面白かったです




toaru20-1sinkyara.jpg toaru20-2sinkyara.jpg toaru20-3sinkyara.jpg
toarudorama2.jpg toarudorama3.jpg toarudorama4.jpg






敵との戦いでは、
高速道を舞台にした見せ場が最高でした。
黒子と婚后の珍しいタッグが見られたり、
テレスティーナの乗るロボットと
木山の運転する車との
スピード感あふれるカーチェイスに加え、
車上の美琴とロボットの戦いも迫力ありましたね




toarubatole1.jpg toarubatole2.jpg toarubatole3.jpg
toarubatole4.jpg toarubatole5.jpg toarubatole6.jpg






それにしてもテレスティーナの
極端な変わりようには爆笑しました。
徹底的な悪役にしなきゃ、
というのはわかりますが・・・。




toaruterestina1.jpg toaruterestina3.jpg



そしてなんといっても、
終盤にきて
バラバラになったみんなの心を修復したり、
クライマックスの逆転の手助けになったのは
レベル0のわがごひいきの左天
ってのが嬉しいですネ!
ただ、こういう役割でしか
使えないのが残念ですが・・・(苦笑)。
2NDシーズンがあれば
レベル的にも
成長した左天を見たいなあ~。




toarusaten11.jpg toarusaten22.jpg toarusaten33.jpg
toarusaten44.jpg toarusaten55.jpg toarusaten66.jpg






最後まで観てもやっぱり、
左天、次に美琴がお気に入りでした。




toarudorama1.jpg toarumikoto1.jpg 



さて、
最後の戦いに向けての23話のエンディングは
興奮しましたが、
本当の大団円、24話のエンディングでは
感動とともに
当麻・インデックスはじめ
登場したキャラが次々と顔を見せてくれて
嬉しくてニヤリとしましたね。
ただ、ホントに終わったんだなぁ~
と寂しくもなりました。




toaru23last1.jpg toaru23last2.jpg toaru23last3.jpg
toarulast1.jpg toarulast2.jpg toarulast3.jpg




オリジナルの『禁書目録』は
楽しめたとはいえ、
話の途中で終わっていることもあって
もやもやした中途半端な印象でしたが、




外伝の本作は
一応24話で完結しているので
『禁書目録』以上に
大変面白く観られた作品でした。
お勧めです!




・・・次は『禁書目録』の第二期?




とある科学の超電磁砲 第4巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第4巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/04/28)
阿部敦豊崎愛生

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/04/13 12:52 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
☆2010年4月新アニメ・その1
2010年4月からのテレビアニメ、
1話だけですが、
何本か観たので感想を。




最近のアニメの本などを読むと
年間製作されるアニメの本数が減っている、
なんて書かれていましたが、
こっちはなかなか観る時間がなく
前に録りだめしたのが
山のようにあるっつーのに
私にしてみれば
アニメ本数多すぎ、って気がしますが。




まして、エロ描写が多い、
エロ狙いがメインの作品も多いですね。
ニーズがあるんでしょうが、
中高校生ならともかく(笑)、
私にしたら時間の無駄になるので
観ないようにしてますが、
観るまでは中身はわからないので
こればっかりはねぇ。




最近では
『けんぷファー』『なんとかのクエーサー』
『ロザリオと・・・』『そらのおとしもの』
『ちゅーぶら!』・・・とかは
数話観て続きはやめました。




さて4月作品は、
中身が面白いものがあるといいなぁ・・・。




☆『けいおん!! 』第二期☆




1番楽しみな作品
改めて別に書くつもりですが、
気合の入ったOP(感動!)とED
に嬉しくなり、
1話の内容自体は
「いつものけいおん」で楽しめましたけど、
歌・・・ストレートだった第1期と比べて
「成長」の証なのか、
OP曲が特に
変化球みたいでちょっとびっくり。
そのせいでED曲が地味に聞こえますね。




keion1.jpg keion2.jpg keion3.jpg
keion4.jpg keion5.jpg keion6.jpg




☆『Angel Beats!エンジェルビーツ』☆




難しくない、引き込まれる導入部で
次の展開がどうなるのか気になるつくり。
学園もの+ファンタジー+アクションに加え、
血がドバーッ、はびっくりするけど
面白そうデスね。




angelbeats.jpg




☆『WORKING!』☆




ファミレスを舞台にした群像コメディで、
絵はあまり好みではないけど、
個性的なキャラたちによって
かなり笑えましたね。
特に店長の客への一撃には大笑い




この前みた『君が望む永遠』の
ファミレスもそうですが、
こんな店あるわけないのに・・・
なんて思う間もなく
笑わせてくれれば十分ですね。




working1.jpg working2.jpg working3.jpg




☆『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』☆




原作コミックも知らないし、
内容も何も全く知らずに観たせいもあるけど、
今回の中で1番面白かった驚きの1本。




最初は主人公のくどい背景説明で
なんだかな~と思いましたが、
金星人?のヒロインとの
住居をめぐるやりとりからツボに入り、
村長のカッパ登場には大爆笑!





以前ハマった
「すごいよ!マサルさん」
「ボボボーボ・ボーボボ」みたいな
奇想天外ヘンテココメディなのか?
次が気になる面白さ。




arakawa1.jpg arakawa2.jpg arakawa3.jpg



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/04/10 02:18 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ホワイトアルバム』(2009年・テレビアニメ)その1
1998年にアクアプラスより発売された
PCゲームを2009年にテレビアニメ化。
ゲームは知りませんが、
えらく長い間を開けてのアニメ化ですねぇ。




whiteop1.jpg whiteop2.jpg whiteop3.jpg
whiteop4.jpg whiteop5.jpg whiteop6.jpg






恋愛ものらしい、水樹奈々が主題歌、
ということしか知らなかったので、
1話だけ見た時には
70年代テレビドラマ風のオープニングに
なんかヘンだぞ~と思っていたら
文学調?
なんかヤケにおしゃれなセリフに
凝った画面構成や
アニメ絵からメルヘン調の静止画絵への変化、
などなど、




気恥ずかしいおしゃれ?なセンス
ついていけず
この後観るのをためらいましたが、
当然、
OPには水樹奈々の「深愛」
が流れるので、
1話が終わって2話に入り、
歌を聞いているうちに
そのまま観てしまいました(笑)。




水樹奈々は歌だけでなく
キャストにも・・・
おまけにハルヒ平野綾も共演、
って結構豪華でビックリ。




・・・とはいえ、作品のリズムに
ついていけるようになったのが
4話あたりからですが。




内容は
1986年を舞台に
人気上昇中のアイドル、
森川由綺と
高校時代から付き合っている
大学生藤井冬弥、
を主人公にした
青春ラブストーリー。




whiteyuki1.jpg whiteyuki2.jpg whiteyuki3.jpg
white2nin1.jpg white2nin2.jpg white2nin3.jpg






先輩の人気アイドルの緒方理奈や
その兄でプロダクション社長の緒方英二、
由綺のマネージャーの篠塚弥生、
大学の同級生、
河島はるか、七瀬彰、
先輩の澤倉美咲たちなど
芸能界を含め
さまざまな人物が2人に絡んできます。




whitecast1.jpg whitecast2.jpg whitecast3.jpg
whitecast4.jpg whitecast5.jpg whitecast6.jpg






作品に引き込まれたのは5話、
お約束とはいえ
由綺とは別れるように
マネージャーの弥生が迫ってくる話が
強烈に面白く、




それまではわりあい静かな展開でしたので
突如サスペンスタッチというか
獲物を狙うモンスター風に
迫ってくるマネージャーの姿に
笑うと同時に怖さも感じて
シビレました!




whitemanagar1.jpg whitemanagar2.jpg whitemanagar3.jpg




ただ6話までで振り返ると、
登場人物全員
あまり心のうちを語らない上、
作品自体も、
人物の過去や
人間関係もあまり語らないまま
静かに状況描写だけで展開していくので
いったい何を考えて行動しているのか
わからないもどかしさがありますね。




それが伏線的展開~あとのお楽しみ?
とはいえ、
次の展開・行動が読めない
いわゆるハードボイルド・タッチで
緊張感が漂うあたりが興味を引くものの、




1話1話、人物の表情やしぐさなど
画面を凝視する羽目になり、
観るのが疲れますね(笑)。




もちろん
由綺は冬弥が好きなんだなぁ、
ってことはよくわかりますし、
冬弥の心のうちは
文字となって表現されるので
わかる部分は一部あります。
冬弥はよくヘンな行動をとるので
例のごとしのふらふら主人公、
ってことでいいのかな?




whitemotemote1.jpg whitemotemote2.jpg whitemotemote3.jpg



主人公に
たくさんの女性キャラが迫ってくる、
絡んでくるのは
この手のお約束とはいえ、
先に書いたように
背景&関係があまり語られないので
キャラの意図がわかりませんから、




6話で助けを求めてきながら
ヒステリックな反応を見せる美咲の
件りは非常にイラッ
としました。
単なる先輩ではないのか?
なんでこんな感情あらわに電話?
それまでが淡白な描写しかなかったので
???




whitesenpai1.jpg whitesenpai2.jpg whitesenpai3.jpg




また、
その先輩に想いを寄せているのに
近寄ろうとしない
友人・彰の態度にもイラッ、
としますね。↓コイツ




whiteyujin.jpg


当然ですが、
曖昧な態度をとる主人公には
1番イラッ、とします(笑)。
(こればっかり)




今のところは主役の由綺よりも
ライバルの理奈がお気に入りデス。




whiterina2.jpg whiterina3.jpg whiterina4.jpg




※今回のこの文は
昨年末に書き留めておいたもの。
観る前は、テンポよく次々と観てしまおう、
と思っていたのですが、
結局、今日に至るまでこのつづきは未見(苦笑)。
続きはいつになることやら・・・。




WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]
(2009/04/22)
平野綾水樹奈々

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/04/08 14:31 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。