スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
☆『アマガミSS』その2(2010年・7月~テレビアニメ)
エンターブレイン原作、プレイステーション2の
恋愛シミュレーションゲームをテレビアニメ化。




サブタイトルに「~編」とあるとおり、
ゲーム同様、
女の子1人ずつに絞ったオムニバス構成で
1~4回は「森島はるか」編でした。




amagamimorisima0.jpg


キャラデザイン・作品の雰囲気も好きだし、
第1話の
主人公の橘純一を翻弄するような態度をとる
先輩のはるかの描写がウケて
ハマったことなどは前回書きましたが、




その後の2~3話は、
想像したのとは違いましたが、
さらに楽しめる、爆笑な展開で
面白かったデスねぇ。




森島が実は悪女というわけではなく、
ただの天然ボケキャラで、
そこを純一が真剣にアタックし続け、
いいムードになる2話は
微笑ましくて普通なんですが、




3話では仲良くなった2人が
ミッキー・ロークの「ナインハーフ」の
子供版みたいなゲームを
学校内でするんですが、
ここが1番のキモらしく、
いや~大笑いさせていただきました




ナイーブと思っていた純一の
口八丁な豹変ぶりと、
その口車に乗せられるはるかの、
上下関係が逆になった
2人のイチャイチャぶりを見せるような展開で、
完全にウケを狙ったような脚本ですが、
見事にハマりましたね




エロ描写をデフォルメして
強調しまくる作品は引きますけど、
本作のように、
そういう部分を見せずに
ぎりぎりの部分で
想像させるほうがスマートだし、
個人的には◎




amagamimorisima.jpg


と、~3話まででおおいに盛り上がったので
最終4話はどんな展開?
とめちゃめちゃ期待したのですが
その4話はごく普通の真面目な展開で、
意外性がなく残念でしたね。




このエピソード自体、
3話までで2人の関係はできあがっているので、
お互いの気持ちはどうなんだろ?
といった
「恋愛ものの王道の緊張感」
がなかったせいもありますし、
3話で期待値があがったせいもあり、
更なる変な展開を期待しすぎました(笑)。




元となったゲームはプレイしていないので
想像でしかありませんけど、
当然ゲーム版では
2人の心情的なところなど
もう少し細やかな部分があったんだろうな
って想像するくらい、
あっさりした幕切れ。




・・・とまあ残念な最終話でしたが、
さらにその後の2人が描かれる
おまけみたいなエピローグがあって、
そこは微笑ましくて良かったです。




amagamimorisima6mizugi.jpg


オーソドックスな学園恋愛ものは
最近観てなかったので、
充分楽しめましたし、
肩の力を抜いて
気楽に観れるオムニバスですから
たまにはこんなのもいいですね。
次回にも期待です。




次は「棚町薫編」ということですが・・・
もしかして、単純に1人4話と考えると、
キャラが多いので2クールあるのかな?


スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/30 10:32 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『宇宙戦艦ヤマト・復活篇』(2009年・劇場版アニメ)
私はヤマト世代です。
シリーズ化したということもありますが、
最初に熱狂的にハマったアニメはコレです。
(次に熱狂するのは間をおいて「セーラームーン」(笑))




最初のTVシリーズ(1974~75年)は
TBSとフジの2局しかなかった
私の田舎でも遅れて
夕方に放映されていて
思いっきりハマりましたよ~
TVシリーズ版ではやはりこれが最高デス。
関連本や原作コミックとか
集めましたし、
艦首波動砲部分がデフォルメされた
いびつな形のヤマトの大きなプラモデルも
買ってもらいました(確か3500円)↓。




yamatopuramodel.jpg


そのプラモ、
長い時間をかけて完成!
したんですが、
もともと器用じゃないせいもありますし、
セメダインの接着が弱かったのか
完成した直後に
ガチャガチャ!と全部崩れてしまって
ボー然・・・
あの悲しさは今でも強烈に覚えています(笑)。
完成までに時間がかかったこともあり、
再組立する気も起こりませんでした。





yamatobook1.jpg


さて小学5年の夏・・・
当時最後のヤマトと言われた劇場版第2作
「さらば宇宙戦艦ヤマト」(1978年)を観に行った時は
ブームも最高潮でしたし、
公開された次の日8/5に行きましたから
映画館周辺は
人人人・・・ものスゴイ人でしたし、
クラスの子や同級生を何人も見ました。
中に入ればさらに大混乱、
私は結局親ともはぐれ、
とにかく空いている席を必死で探しましたね。




映画は当然面白かったんですけど、
好きだったキャラたちが次々に死んでいくので
子供心にものスゴイ衝撃でしたし、
感動のラストにはすすり泣く声
があちこちから聞こえ(私もその1人)
エンディングの沢田研二の歌の間、
泣き顔を後で友達に見られないように
必死に顔をふいていました(笑)。
感動と興奮の傑作でしたね。





EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD]EMOTION the Best さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち [DVD]
(2009/11/25)
富山 敬麻上洋子

商品詳細を見る


その後、
劇場版「さらば」をTVシリーズにした「2」(78~79年)、
そしてその後のTVスペシャル
「新たなる旅立ち」(79年)までが
ハマってた時期でした。
翌年の劇場版3作
「ヤマトよ永遠に」(80年)は
観に行かず(後でTV&ビデオで鑑賞)、
TVシリーズ「3」は途中で観るのやめましたし、
間があいての「完結編」(83年)は
今度こそ最後ということもあって
映画館へ足を運びましたが、
懐かしさ以外感想はありませんでした。
(特にグッズも買いませんでしたし)





yamatobook2.jpg


ヤマトもそこでいったんは卒業?しましたが、
90年代OVA版「2520」とか時おり
ヤマトの関連ニュースがあると
やっぱり反応していましたし、
時間が経つにつれ、
続編が観たい思いは強くなりました(笑)。
ようやく古代が主役の
26年ぶりのこの「復活篇」には
何年もまえから期待していましたよ。




が・・・松本零士不参加、
ビジュアルなど詳細がわかるにつれ
興味が薄くなり、
劇場公開時も
ボロカスに言われていましたので
映画館へは行かず、DVDで鑑賞。





yamato.jpg


全く期待しないで観たせいか、
最後までスムーズに観られました。
ヤマトはやっぱりカッコいいなぁ~
とか、いろんなとこから
武器が出てきて楽しい~
とかヤマトの描写自体は
悪く言えません、やっぱり(笑)




ただ、
観終わっての最初の印象は
『全編通して盛り上がりのなさはいったい?』
でしたね。
全編を通して、
1度も興奮するところがありませんでした。
(結構絶賛されたヤマトの最初の発信シーンですら)




1番力を入れたような数々の戦闘シーンは、
ものすごい数の砲撃、銃撃が入り乱れ、
見た目は派手派手なんですが、
興味を惹かれたのは最初だけで
夏の花火を見るような、
ただただ「綺麗だな」という印象しかありませんでしたね。




傑作「さらば宇宙戦艦ヤマト」の
クライマックスの戦闘場面のような
これでもか攻撃の緊張感と興奮には
遠く及びませんし、
全て平面、うわっつらの画面つくり・・・
見せ方に工夫がないので
ゲーム画面をそのまま見るようで迫力がない。
戦闘シーン自体の絵ヅラは悪くないので
ハッキリ言って、演出がダメなんでしょうね。
もったいないです。




また、
好みの問題もあるんでしょうけど、
戦闘シーンの音楽の静かなこと。
クラシックも使用してなんだか優雅なかんじなのも
盛り上がりを欠いた要因に思えました。




映像的にも
戦闘シーンのCGとそれ以外のセル画面?人物との
融合が巧くいっていませんので
違和感があるのも残念ですが、
今回のヤマト、
キャラに生命力がないのが致命的




ひと昔前のアメリカ・・・外国アニメキャラ
そのものでひどく古臭い・・・
全員お面をかぶっているような・・・能面、
ゾンビのように表情が死んでおり、
変化がないので
何を考えているかわからず
感情移入が全く出来ず・・・。
いくら大人になって冷静になった古代といえど、
どの場面も同じ
苦虫を噛んだような顔では・・・




yamatokodai1.jpg yamatokodai2.jpg yamatokodai5.jpg




山寺宏一はじめとする
声優陣のがんばりのおかげで
どうにか持った、というかんじかな。
やっぱり実力ある声優さんたち
スゲエな、と感心しました。
(ただ雪だけは今イチでした)




よく指摘されていた
古代や雪、徳川などの変化した
オリジナルメンバーの顔については
前回から間が開きすぎたせいもあるんでしょうが、
別に気になりませんでしたね。
真田さんや佐渡先生が
ほぼそのままなのは懐かしいですけど。





yamatosanadakodai.jpg


ワンシーンがやたら長い上に
「間」が多かった前作「完結篇」
の印象があるせいか、
作品のテンポや
特に新味はないものの脚本自体は、
なんやかんやにぎやかでそんなに悪くないかな、
と思いましたが、
最後にでてきたボスキャラ?異星人
には引きましたね。




yamatotekiboss.jpg


ま、SFですからいいんですけど、
そんなことできるなら
ちまちま戦闘しなくてもいいじゃん、
とか、
基本的なヤマトの世界観ぶち壊しで
違和感を感じました。
さらにそのキャラ、
口の動きと声がバラバラなので
ダブルで引いてしまいました(笑)




このヤマト最新作を観る2日前に
久しぶりに劇場版3作「ヤマトよ永遠に」
を10数年ぶりに観たんですけど、
つっこみどころ満載でしたが、
やはりこっちのほうが
「感情豊かに」楽しめましたね




EMOTION the Best ヤマトよ永遠に [DVD]EMOTION the Best ヤマトよ永遠に [DVD]
(2009/11/25)
富山敬麻上洋子

商品詳細を見る



yamatotowani1.jpg yamatotowani2.jpg



地球本部の戦いと
敵母星の戦いを並行して描いた終盤や
仲間を犠牲にして波動砲を撃つのか?
のクライマックスは久しぶりに観ても
やっぱり燃えますし、
この場面の古代=富山敬の演技、
にはグッ、ときました)。




そのカットバックによる終盤を
丁寧にリアルに描いたなら
もっと劇的に盛り上がるのにな~
と思いましたし、
全編キャラに頼りすぎなため、
いかにもマンガ、アニメ的なんですけど、
そういう「熱い感情」というものが
新ヤマトにはなかったような気がします。
(唯一それらしい副艦長の特攻の件りですが、
とってつけたような印象だし)




話を新ヤマトに戻しますが、
無表情なキャラの中でも
女性キャラの折原真帆には
少しは変化を感じましたが、
全員に無視されたまま、
彼女の表情がクローズアップされていた
ラストはヘンでしたし
雪も行方不明だし・・・
(「第一部完」ということで
そういう終わり方なんでしょうけど)




yamatoorihara1.jpg yamatoorihara2.jpg



正直、
完成&復活してくれただけでよかったという
思いもありますが、
世間の悪評の中、
つづきはあるんでしょうか。




キャラデザイン以上に
脚本家の1人として期待が持てる松本零士が
復活してくれたならもう最高ですけど、
無理そうなので、




キャラをしっかり作って、
CGとの調和がうまくいけば
誰だろうと構いませんから・・・
それが整わないなら
これで幕引きすべきですね。





宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]
(2010/07/23)
山寺宏一青野 武

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/24 14:12 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
☆2010年・7月新アニメ『アマガミSS』その1
エンターブレイン原作、プレイステーション2の
恋愛シミュレーションゲームをテレビアニメ化。




amagamizenin.jpg


このゲーム自体はプレイしたことないですけど、
エンターブレイン作品といえば
お気に入りの
「トゥルー・ラブストーリー」の
シリーズは全部プレイしていて
「3」「4」でおなじみでしたし、
前作「キミキス」も少し見た事があるので
キャラデザインや雰囲気など
最初から非常に入りやすく、
観やすかったですね。




amagamiotoko.jpg


内容ですが、
高校2年の主人公、橘純一は
2年前のクリスマスにフラれたことが
トラウマになり、
恋愛に対して臆病になっていたものの、
全校憧れの先輩、森島はるか
と思いがけなく接近することができ、
恋に前向きになろうと決意するのだが・・・




妹の「にいにい」発言にイラッ
ときた以外は
アニメの第1回恒例の
各キャラ紹介はテンポよく
気持ちよく観られますし、
過去現在たくさんある
「学園恋愛もの」の王道を外すことない
定番のエピソード連発で
思わず安心して楽しめましたし、
落ち着いた雰囲気も○です





amagamimorisima2.jpg amagamimorisima3.jpg




何よりひきこまれたのが
森島はるかの
上目づかいの絵ヅラと
そのキャラ設定。




馬ノリはさすがにないですけど、
何かとわりこんでちょっかいを出してくる
女子が中学の時にいましたし、
社会人なりたての頃には
上目づかいに
思わせぶりな態度で接してくる、
まさにはるかのような女性との実体験が
ありましたから、
あまりのリアルさに爆笑しました
いるいるこんなやつ(笑)




amagamimorisima4.jpg amagamimorisima5.jpg

さて多人数をそれぞれ攻略する
恋愛ゲームのアニメ化なので、
本作はどういう構成になっているのか
気になります。




「CLANNAD」はほぼ全員同軸で描いたので
違和感がありましたが、
「君が望む永遠」「ラムネ」は
1人に絞っていたので良かったです。
本作の場合、
サブタイトルに「森島はるか編」とありましたから、
1人1人独立した短編にしてあるのかな?
それだと違和感なくいいですけど。
各人のエピソードがじっくり観れますしね。




全然気にしてないアニメでしたが、
ここんところ
非日常な内容の作品ばかり観たせいか、
オーソドックスなつくりに
実に癒されました。




1話観ただけですけど、
7月開始アニメの中では
今のところ、
1番次回が気になる作品デス。
ハマってしまった~。




アマガミSS 1 森島はるか 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)アマガミSS 1 森島はるか 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)
(2010/10/20)
前野智昭名塚佳織

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/18 14:30 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
☆2010年・7月新アニメ・その2(屍鬼/ぬらりひょんの孫/世紀末オカルト学院)
前回に続いて楽しみなホラー系作品を紹介。
全て第1回だけを観た感想です。





☆『屍鬼



小野不由美原作のベストセラー小説をテレビアニメ化。




1994年の夏、自然豊かな外場村が舞台。
村の景観とは異なる、
いつの間にか建てられた巨大な洋館。
ある日村はずれの集落で
3人の死体が発見される・・・




shiki1.jpg  siki2.jpg



第1回は
洋館、死体発見と描かれますが、
背景や多くの登場人物の紹介がメイン。
キャラでは、
都会やその洋館へのあこがれを抱く
「下妻物語」みたいな派手な格好をした清水恵が
主人公みたいに描かれていましたが、
最後には原因不明なかんじで
死んでしまったので、「え?」
ってかんじで
全く先の展開がわかりません。
しばらく続けて観ないと
全貌がつかめませんな。




ウィキぺディアを見ると
原作は1998年に刊行され「ホラー小説の金字塔
と呼ばれる作品らしいですね。
また作者が
スティーヴン・キングの「呪われた町」への
オマージュ的作品、
と言うあたりは興味惹かれますし、
やたら怖かったPS2ゲーム「サイレン」は
この作品から影響を受けた、
ということも期待を高めます。




キャラは刺さりそうなシャープなあごが気になり、
余り好きな絵柄でないですが、
そんなものは内容が面白ければ
問題ないので、
今後の展開に期待、ですね。




☆『ぬらりひょんの孫



「週刊少年ジャンプ」連載、
椎橋寛原作をテレビアニメ化。




「妖怪軍団」の総大将、
ぬらりひょんの血を受け継ぐ中学生の
奴良(ぬら)リクオを主人公に、
人間と妖怪の日常を描いた怪奇ファンタジー。




たくさんの妖怪が登場していて
ゲゲゲの鬼太郎を思わせ、
シリアスでなく気楽に観られそうで、
面白そうな印象でした。




リクオを守る雪女が可愛らしかったな~

今回紹介した3本の中では1番観やすく、
わかりやすい。
今後に期待したいですね。




nurarihyon1.jpg  nurarihyon2.jpg



☆『世紀末オカルト学院



「ソラノヲト」「閃光のナイトレイド」に続く
オリジナル作品を放映する「アニメノチカラ」枠の
作品。




1999年の世紀末、
山頂にある「オカルト学院」と呼ばれる学園の
学長が急死、
その娘、神代マヤが学長の地位を継ぎ、
学園で起こる怪現象にたちむかう・・・
風な内容。




1話を観ただけなので何とも言えませんが、
ホラー・アクションの見せ場も用意され、
笑いの要素もあり、
怪しい人物も次々に登場、
ひねった面白さがあり、
それなりに観れそうな印象。




私としては
ロバート・ヴォーン、ウィリアム・シャトナーの
日本語吹替え、
「謎の円盤UFO」ナレーションが印象的ですが、
それ以外では
UFOオカルト番組ナレーションでおなじみ、
矢島正明が学長役、
というのは笑いましたね




もちろんそれだけでなく、
主人公の名前も含め
なつかしいオカルト用語や要素が
使われている点もお楽しみデス。
なにしろあのオカルト雑誌「ムー」監修作、
ってんだから。
(正直なところ、
私は「ムー」以上に
「トワイライトゾーン」をよく読んでましたが)




私の子供時代は
「恐怖新聞」「うしろの百太郎」つのだじろう、
「エコエコアザラク」古賀新一ほか
ホラーSFコミック、
スプーン曲げやら念写やら
UFO、こっくりさんとか
今では考えられないくらい
「オカルト」一大ブームで、
とにかく流行ってましたからね、
そのヘンは詳しいんデス(笑)




ただ、「屍鬼」同様、
余り好みでない絵柄なので
ちょっとツライですけど、
ヒロイン主人公は「けいおん!!」の
澪こと日笠陽子なので、
そのへんは期待。




そうそう、
次回予告のBGMが
懐かしのモー娘。「LOVEマシーン」で
それを日笠が歌っていて
なんじゃこりゃ?
というお遊びもありました。




okaltgakuin1.jpg

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/15 22:50 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
☆2010年・7月新アニメ・その1『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』
4月開始のテレビアニメは結局
「けいおん!!」「エンジェルビーツ」しか
全部観ていませんが、
7月開始の中にも面白そうなものがあるかも・・・




highschooldead1.jpg highschooldead2.jpg highschooldead7.jpg




と思っていたら、
私の好きなジャンルのホラー、
がいくつかありますが、まず
佐藤大輔・原作、佐藤ショウジ作画、
「月刊ドラゴンエイジ」連載の
『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』。




いわゆる“ゾンビ”ホラーアクションで、
ある日、
人肉を食らう死人=ゾンビが人間を襲いはじめて、
ゾンビに咬まれた人間は彼らのように
ゾンビになってしまう・・・
人間とゾンビ軍団との戦いを描いた内容。




冒頭から
主人公の高校生がいる学園を舞台に
ゾンビの群れと戦っている見せ場を用意、
興味を持たせたところで
主人公の小室孝、その幼馴染の宮本麗
の過去~現在を簡潔に紹介、




その後は
ゾンビが学園に侵入してから
冒頭に至る学園大パニック!までを
スピーディな編集と
迫力ある描写で
いや~充分楽しめました。
編集のつなぎ部分は
あの「ドーン・オブ・ザ・デッド」みたい
なところもあったし。




highschooldead3.jpg highschooldead4.jpg



グロ描写は激しくないですが、
テレビにしては検討しているほうと思いますし、
内容も特に目新しさはないんですけど、
ゾンビの動きや弱点、世界観など
ゾンビ映画の金字塔、
ジョージ・A・ロメロ作品
ベースにしたゾンビホラーのアニメ版、
という嬉しさと
展開の速さで見ごたえはありますね。




ただ
女性が動くたびに胸が大きく動いたり、
パンツがやたら見えたりなどの
無駄なエロ描写が多く、
大変不快になってしまいました。




もちろん男ですから、
そういう描写は嫌いじゃないですし
自然な見せ方なら
気にはならないのですが、




コメディならともかく、
真面目・シリアスな展開な中で
余りに強調しすぎで
その部分が浮いていますし、
作品自体の質も
下げている点が残念。
そんなくだらない描写
正直やめてほしいですね




ま、原作同様、
作品の統一感は無視したB級、
と割り切ったつくりのようですから、
エロ描写がなくなることはなさそうですし、
ゾンビものは大好きなので
我慢して今後も観つづけますけど、
あんまりひどいと観るのやめるかも。




highschooldead5.jpg highschooldead6.jpg

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/11 19:25 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『けいおん!!』新OP&ED+『Keep the beats!』(6/30CD)
konnop7.jpg konnop8.jpg konnop9.jpg




2クール目に突入した『けいおん!!』。
なのでOPとEDが新しくなりました。





曲でいうと
今回はEDの「NO、Thank You!」のほうがいいですね、
1発で気に入りました
1970年代を思わせる佳曲ですが
地味な印象だった前ED「Listen!!」に比べて、
第1期のED「DON’T SAY “LAZY”」を
思わせるハードさが戻ってきました。
やっぱり澪EDはこうでなくちゃ!






konned1.jpg konned2.jpg konned3.jpg




TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ NO,Thank You!(初回限定盤)TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ NO,Thank You!(初回限定盤)
(2010/08/04)
放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕

商品詳細を見る


OP「Utauyo!!MIRACLE」は、
最初ビックリした前OP「GO!GO! MANIAC」路線で、
これまた聴いているうちに
ハマってくる不思議な1曲。
映像は
卒業を控えてはしゃいでいる様子のようで、
前OP同様、律(の1ショット)が印象的で、
リラックスしたキャラたちの姿が
矢継早に描かれて楽しめますが、
観ていると
これでとうとう「けいおん」も終わるんだな~
と痛感してしまって、寂しく感じましたね
どんな最後になるのか・・・今からそわそわ・・・





konnop1.jpg konnop2.jpg konnop3.jpg
konnop4.jpg konnop5.jpg konnop6.jpg



TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ Utauyo!!MIRACLE(通常盤)TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ Utauyo!!MIRACLE(通常盤)
(2010/08/04)
放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕

商品詳細を見る


ついでにようやくむぎがメインの
14話での好きなショットを。




kon14mugi4size.jpg kon14mugi5.jpg kon14mugi6.jpg




テレビアニメの曲っていうと
OPとEDが定番ですけど、
私にとってこの作品の場合は
OP・EDより劇中バンドの曲が
1番印象的でしたね、
その
音楽とドラマ部分は聴き応え・見ごたえのあった
「Angel Beats!エンジェルビーツ!」の
劇中バンド、
Girls Dead Monster(通称ガルデモ)の
アルバム『Keep the beats!』
がついに発売!
やっぱり良かった!




Keep The Beats!Keep The Beats!
(2010/06/30)
Girls Dead Monster

商品詳細を見る


私は音楽はだいたいなんでも聴くんですけど、
中学生あたりから洋楽メインで
それ以降~現在に至るまで
洋楽ハード&へヴィ・ロックが中心ですけど、
2~3年前からアニメソングも
聴くようになり、
アニメもまたいい曲が多いですネ、
というのは以前にも書きましたが、




このガルデモのアルバムは
アニメを離れて、
普通のロックアルバムとして、
カッコイイ魅力ある曲が多いです




欲を言えば
最初のヴォーカル・岩沢ヴァージョンも収録
(2枚組にしてもよかった)したら
完璧だったかな。




さて各曲どれも聴き応えありますが、




その岩沢ヴァージョンを
YUIで録り直した
「Alchemy」「Crow Song」などは
岩沢に比べて迫力はないですけど、
透明感がある声でハッキリ歌って
歌詞が聴き取りやすいYUIのほうも
良かったデスね。




新曲4曲の中では
「一番の宝物」と
シンプルな
「Morning Dreamer」が特に好きです。




「一番の宝物」は、
劇中で流れた時はドラマ部分に
疑問を感じたので感動半分でしたが、
改めて曲だけを聴くと
感動してビックリでした。




歌詞は別にして、
唯一、曲のアレンジがあまり好きじゃない、
というか普通の印象しかないOP
「My Soul, Your Beats! 」を
ロックヴァージョンにした曲は
期待しましたが、
これまた普通で残念。
でもロックヴァージョンのほうが
まだ好みかな。




そういえばアルバムジャケットは
BON JOVIの「Keep the Faith」だし、
GUNSのスラッシュの
「Sweet Child O' Mine」のリフを
思わせる曲があったり、
ビートルズの「HEY JUDE」みたいな曲
もあったり(アルバムには未収録)、
洋楽ファンをニヤリとさせるところが
多く、そういうところも好きですね




Keep the FaithKeep the Faith
(1999/02/09)
Bon Jovi

商品詳細を見る


シングル、アルバムも含めて
好きな曲は多いですけど、
「Little Braver」がやっぱり1番好きです。
そのほか「Alchemy」「Crow Song」
「Thousand Enemies」「一番の宝物」
「Morning Dreamer」がお気に入りです。




そういえば『けいおん』のライブイベントDVDを
観ましたが、
全編興奮・感動でしたし
文句なく楽しかったですが
歌だけでなく寸劇などもあって、
どちらかと言えば
アニメのライブ、といったかんじでしたけど、
この「エンジェルビーツ」の
ガルデモライブがもしあるなら、
寸劇などはいらない、
純粋に曲だけを聴きたい、
要するに普通のバンドライブと
同じ気持ちですね。
観たい聴きたいなぁ~。




TVアニメ「けいおん!」ライブ 『けいおん! ライブイベント ~レッツゴー!~』Blu-ray【初回生産限定】TVアニメ「けいおん!」ライブ 『けいおん! ライブイベント ~レッツゴー!~』Blu-ray【初回生産限定】
(2010/06/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/09 02:06 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『とある科学の超電磁砲(レールガン)・OVA』(2010年10月発売)
railgunn1.jpg railgunn2.jpg railgunn3.jpg




先月末からTVシリーズ全24話、
また改めて観直していましたが(もう5~6回目くらいか?)、
何度観ても面白いデスね
笑いあり、涙あり、アクション興奮の見せ場あり・・・




・・・と思ってたら
なんと今年10月にOVAが発売決定!
わ~い!楽しみ楽しみ!




OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]OVA「とある科学の超電磁砲」[Blu-ray]
(2010/10/29)
佐藤利奈新井里美

商品詳細を見る


さらに
『とある魔術の禁書目録(インデックス)』の
第2期も決定とのことで
これも楽しみですね!




ただ原作は現在も続いているので、
第1期同様、
途中になるであろう終わり方が
気になりますけど・・・。




indexn11.jpg indexn12.jpg indexn3.jpg


テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/07/04 16:51 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。