スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『家庭教師ヒットマンREBORN!!』(テレビアニメ・2006~10年9月)
天野明原作、
「週刊少年ジャンプ」連載中の人気コミックを
テレビアニメ化。




お気に入りアニメの1つですけど、
いよいよ「未来編」もクライマックス!
と思っていたら、
「未来編」終了と同時に
なんとアニメ自体終わっちゃいました!
ガ~ン! 
長寿作品だけに余計にショックです!
楽しみが1つ減ってしまったぁ・・・。




reborntop1.jpg


「未来編」になってからは、
シリアスな内容、ハードな展開で
毎回、ハラハラドキドキさせられるわ
うるうると涙腺が緩む感動的な場面がつづくわ
もう最高の面白さでしたね。




特に長期作品になると
(特撮実写ものですけど)「仮面ライダー」「ウルトラマン」
はじめとして、
たくさんの登場人物が一同に会する、
っていうおいしい場面がありますから、
好き嫌い問わず
1人1人のキャラの過去場面を思い出して
「おおっ!」と興奮しますけど




この未来編も
過去敵だったキャラなどが再登場するなど
その人数が実に多くなってきて、
まるで「大河ドラマ」みたいで、
そこもスゴイ見どころでした。






reborn11.jpg reborn22.jpg reborn33.jpg
reborn44.jpg reborn55.jpg reborn66.jpg






過去も未来も現在も交えたエピソードなので、
細部になると正直わからない部分や
忘れている部分もありますが、
「川平のおじさん」だけは、
気になって覚えていただけあって、
その名前が出た瞬間は
「あの伏線がここで!」とプチ感動でしたね(笑)




未来編のクライマックス、
ツナの圧倒的強さは
それまでのモヤモヤが晴れる痛快さでしたが、
ユニとガンマの最後には涙・・・涙でした。




・・・にしても、
「これで終わり!」という明快な幕切れではなかったので、
つづきを期待したいですね
いや、絶対あるハズ!




rebornkyara1.jpg rebornkyara2.jpg rebornkyara3.jpg
rebornkyara4.jpg rebornkyara5.jpg rebornkyara6.jpg






キャラでは
相変わらずクローム、ランボは可愛いですし、
獄寺、雲雀がカッコいいですねぇ~
この4人は特にお気に入りですが、
好きなキャラなら
ほかにもいっぱいいまけど(笑)。




OP・ED曲は過去含め、
いいのがたくさんありましたが、
今回のED「キャンバス」は特にいい曲でした
詞がいいね。





キャンバスキャンバス
(2010/08/04)
+Plus

商品詳細を見る


・・・改めてテレビアニメ終了は寂しいですが、
原作を読みながら、復活を待つとしますか・・・。




スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/09/30 11:48 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
『アマガミSS/中多紗江篇』(2010年・7月~テレビアニメ)
amagaminakatatop.jpg

エンターブレイン原作、プレイステーション2の
恋愛シミュレーションゲームをテレビアニメ化。




1人×4話ごとのつくりで、
今回は後輩の中多紗江篇で、
人見知りで恥ずかしがりやというキャラ。




amagamihiroin1.jpg amagamihiroin2.jpg amagamihiroin3.jpg
amagamihiroin4.jpg amagamihiroin5.jpg amagamihiroin6.jpg




主人公の純一の妹・美也のクラスメイト、
ということもあって、
すぐに仲良くなれた上、
紗江のアルバイト面接合格のため、
2人で特訓する日々が続く・・・
という最初から急接近の展開なので、
全然スリルがないですし、




前回前々回の
ひざ裏キスやへそキスなどの見せ場?
らしきものもなく、
せいぜい「早着替え」や「足湯」など
妙な特訓メニューがある程度。




amagamitokun1.jpg amagamitokun2.jpg amagamitokun3.jpg
amagamitokun4.jpg amagamitokun5.jpg amagamitokun6.jpg







内容がどうこうというより、
キャラを見せるエピソードのようで、
年下らしい可愛らしさとナイスバディという
あたりをたびたび強調してはいましたが、
ヒロインの性格が穏やかなのもあって、
全体的にほのぼの~とした印象
ま、要するに可もなく不可もなく・・・ってやつですか。




amagamilast1.jpg amagamilast2.jpg amagamilast3.jpg




そういえば変化をつけるためか、
はたまた薄い内容をカバーするためか、
今までと違い、
ナレーションがやたらと入っていましたが、
余り効果はなかったですね(笑)




あと今回は素人の私でもわかる
いいかげんな作画が目立ちましたね
ま、笑えていいですけど。




amagamihengao1.jpg amagamihengao2.jpg



そうそう、EDテーマのこと。
そのエピソードのヒロインが歌っていて、
毎回いい曲なんですが、

今回は個人的に苦手な、
甘ったる~い声のヒロイン(紗江=今野宏美)なので
最初は「うわ~っ」でかんじでひいてましたが
何度も聴くうちに
心地よいラウンジ風の音楽に
甘い声が絡んで、
「くる~くる~」とかの詞が耳に残り、
ハマってしまいました(笑)




TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ3 「あなたしか見えない」(特別盤)TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ3 「あなたしか見えない」(特別盤)
(2010/09/15)
中多紗江(今野宏美)

商品詳細を見る


さて、
次のヒロインは七咲逢。
予告を観る限りは今までと違って、
波乱に満ちたエピソードのようなので、
期待したいですね。


テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/09/23 11:34 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『第9地区』(2009年)
本年度アカデミー賞作品賞など4部門ノミネート、
「ブレインデッド」「ロード・オブ・ザ・リング」の
ピーター・ジャクソン製作、
新鋭ニール・ブロンカンプ監督・脚本の
SFアクションドラマ。




dai9top.jpg


南アフリカに現れた巨大宇宙船。
中にいたのは故障で宇宙を漂流し続け
瀕死寸前のエイリアンたち。
攻撃意思もなく、行き場のない彼らを
地球側は難民として受け入れて20数年後・・・




充分な支援もないままスラムと化した
エイリアンたちの共同居住区“第9地区”。
長年にわたる周辺地域住民の不満解消のため、
彼らを新たな難民キャンプへ
強制移住させる国家計画が決定。




その最高責任者ヴィカスが
“第9地区”で事情説明中に受けたアクシデントにより、
思わぬ大事件へと発展していく・・・




全米ヒット!はどうでもいいけど(笑)、
面白い!という評判は聞いていたので、
大いに期待した上で鑑賞しましたから
ハードルはかなり上がっていたにもかかわらず、
いや~、
ホント、これ面白い!いいです!!
おすすめデス




dai9-1.jpg dai9-2.jpg dai9-3.jpg



TVドキュメンタリー風にはじまる冒頭から
グイグイ引きこむ展開で、
111分があっという間でした。




難民エイリアンたちの不遇な状況が
冒頭でテンポよく、
実にわかりやすく描かれている上、




故障で宙に浮かんだままの宇宙船や
荒んだ(笑)エイリアンたちの姿、
そのスラム地区の描写など、
VFXも交えた映像が実に自然なので
違和感なく、
この物語に入りこめましたね。




dai9-7.jpg dai9-8.jpg dai9-9.jpg



南ア舞台ということで
アパルトヘイトの隔離政策、
人種差別、移民問題のほか
現実世界のさまざまな問題を
エイリアンに置き換えて
ブラックコメディ風に告発する
社会派ドラマか?
と前半思わせておいて、




あれよあれよと
ギャング、軍隊も入り乱れ
派手な見せ場の連続で
テンポ良くドンドン畳みかけてくる
血沸き肉踊る、興奮しまくり
バイオレンス・アクションへと
展開していく後半が
意外とはいえ違和感なく、
観終わってみれば
娯楽色満点のSFアクションでした




おまけに
ヴィカスとエイリアンのクリストファーの
終盤の別れの一幕には涙!涙!でした
友情とか同情という単純なものでないところを
感じさせる点がいいですね。




また、
事件を経て成長していく・・・風に見えて
ヴィカスはあくまで普通の人、
愛妻家なんだ、という
甘いラストも好きです。




dai9-6.jpg dai9-4.jpg dai9-5.jpg




ジャクソンの強力なバックアップでデビューした
ニール・ブロンカンプ監督、
いきなり大ヒットするわ、
アカデミー賞ノミネートなど高評価だわ、
今後注目ですけど、
真価を問うのは次作ですかね。




というのも、
劇中のスプラッター残酷描写や
作品の雰囲気とか
どうしてもジャクソンの初期作
「バッド・テイスト」「ブレインデッド」
とかを思い出してしまうんですよね。
スピルバーグ製作、トビー・フーパー監督の
「ポルターガイスト」みたいな・・・。




dai9-kantoku.jpg


あと、
後半の展開を見て思い出すのは
そのものズバリの「アバター」のほか、
“異世界へ足を踏み入れた主人公”、
という意味でいけば、SFホラーだけでなく、
「グレイストーク」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
はじめとして
ジャンル問わず山のようにありますが、




南アフリカ、流れる音楽、
ギャング団の姿などの描写は
「ブラックホーク・ダウン」そのものでしたね。
(車から主人公が多人数に引きずりだされる描写は
実際の事件描写の再現のようでした)




第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリーデヴィッド・ジェームズ

商品詳細を見る

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/09/20 03:44 】 | SF・ファンタジー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『けいおん!!最終回』(テレビアニメ・2010年・4~9月)
kontopp000.jpg kontopp1.jpg kontopp2.jpg



原作同様、
テレビアニメ第2期も終わりました
(正確には、
「番外編」が次回あるんですけど)




昨年の第1期『けいおん!』は、
番外編&OVAも含め
捨て話は1話もなく、全話楽しめ、
昨年1番ハマったアニメでした。
何度も何度も観ましたし。




今回第2期『けいおん!!』は
嬉しかったんですけど、
なんだか製作が早いなぁ~
と観る前から不安がありましたが、
やはり不安は的中しましたね。




kon111.jpg kon222.jpg kon333.jpg




前半は
修学旅行の4話、夏フェス12話、
むぎと律の2人の外出の14話、
が楽しく印象的でしたが、
1期と違って、
徐々にダレる、
退屈する話が多くなってきて・・・




それまでは1話終わると
すぐに繰り返して何度も観ていたのですが、
中盤以降は、1度観て終わったり、
2話まとめて観たり、
と回数が減ってきました。




原作は4コマなので
感動とか深い感情が入る余地はなく、
サクサクとしたテンポの良さと
クスッとした面白さで統一感がありますが、




アニメ第2期は
原作にない感動・感情の部分~
その中の1つ「成長」という形を
第1期最終回で入れてしまったため、
全然成長のないキャラたちの
不自然さが目立ち、違和感が残る一方
(原作では日頃からダラダラ過ごしているので
全然違和感はないんですが)、




感動的な終盤など
良かったところもあるので、
ちょっとバランスが悪い印象でした。




あと何より回によっては
内容の薄さが目立っていましたので、
2クール24話は正直長すぎましたね
第1期同様、
1クール12話のほうが絶対良かったと思います。




konbangai1.jpg konbangai2.jpg konbangai3.jpg



後半は、
学園祭~卒業の話になるので、
どうしてもセンチメンタル、感傷的な
ムードになるのは当然なんですが、
間に挟む環境・物の描写などが
やたら多くなってきたりと
丁寧といえば丁寧なんですけど、
無理に引き伸ばしているな~
という印象のほうが強かったですね。





とはいえ、
後半20話「またまた学園祭」の終盤、
最終24話「卒業式」は
感動的な場面もあって印象に残りました。






konlive11.jpg konlive22.jpg konlive33.jpg




まず20話のライブですが、
3年目なのに
中盤のMCのモタモタ・ダラダラ感・・・
リアルなムードは伝わってきますけど、
あれで盛り上がっている会場の暖かさ?
がなんだか変なかんじ。




そこで披露された新曲の
「ごはんはおかず」。
ノリがよく、サビがいいですねぇ~
気に入りました。
サビを何度も歌っていたら
息子に嫌がられましたが(笑)。




TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&ITVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I
(2010/09/08)
放課後ティータイム

商品詳細を見る


そしてライブ終了後の部室の場面。
冗長ライブの悪夢を忘れさせる、
感動の一場面でした。




konlive444.jpg konlive555.jpg konlive666.jpg
konlive777.jpg konlive888.jpg konlive999.jpg






みんなそれぞれ話しているうちに
知らず知らず涙が・・・
というシーンなんですが、
そうなるとは思ってもみなかった
意外性というのもありますけど、
それに至る自然な描写、
が実に巧かったですね。
思わずこっちも泣いてしまいました




梓は泣かなかったので、
てっきり
「日頃全然練習してないのになんで泣くの?」とか
「泣くくらいなら活動もっとすればよかったのに」
と冷めているのかと思いましたが(笑)、
最終話へ至る伏線だったようですね。




kon24-1.jpg kon24-2.jpg kon24-3.jpg
kon24-4.jpg kon24-5.jpg kon24-6.jpg






最終24話「卒業式」は
さわ子先生、梓の涙にやられました~
新曲「天使にふれたよ」
もいい曲でしたし。




でも最後は第1期のラスト同様、
「ふわふわ時間」を
きちんと最後まで演奏して
幕を閉じてほしかったな~。
演奏しながら過去の場面を挟んだりして
更に泣きを誘う演出で、
「おしまい」
としたら最高でした。




1期と違ってあっさりとした幕切れだったので
逆に大学編・3期あるのか?
なんて思ってしまいます(笑)。




まだ番外編がありますので、
正式な終わりではないですが、
やっぱり寂しいですねぇ。




前にも書いた、
音楽活動をメインにした(笑)、
梓主役の続編が観たいなぁ~




kon444.jpg kon555.jpg kon666.jpg




TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ  「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 秋山澪
(2010/09/21)
秋山澪(CV:日笠陽子)

商品詳細を見る

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/09/17 03:38 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
『REC2レック2』(2009年)
recswatzombie.jpg


古アパートを舞台に、
突如凶暴化した住人たちによるパニックを
POV(主観視点)で描き、
アメリカでリメイクも作られた
スペイン製作の傑作ホラーの続編。




前作は、
消防士の活動に同行取材していた
TVクルーたちが
古アパートで突然起こった
住民の凶暴化事件に巻き込まれる・・・
といった内容ですが、




全編POV(ビデオカメラ視点)で捉えた映像を
そのまま観る、という形式ですので
観ているこっちもその当事者のように
その臨場感はたたものではなく
さらに外部の情報がほとんどない密室状態の中での
暴走凶暴ゾンビとの攻防戦という
緊張感抜群・怖さ抜群・迫力満点
「お化け屋敷」アトラクションを
実際に体験しているような面白さでした




REC/レック スペシャル・エディション [DVD]REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
(2008/11/28)
マニュエラ・ヴァラスコフェラン・テラッツァ

商品詳細を見る


さて今回の続編、
「007カジノ・ロワイヤル」→「慰めの報酬」みたいに、
前作の直後からはじまります。
今回は原因を探るべく、医者と
それをサポートするSWATチームの数人が潜入。
次々と襲い掛かってくる敵と
必死の戦いを繰り広げる彼らの運命は・・・?




う~ん・・・・・前作と同じスタッフで
あれこれ工夫をこらした点は認めますが、
数多くの「続編映画の宿命」から逃れられず・・・
ってトコでしょうか。





recswat.jpg

--------------------------------------




以下ネタバレ注意

まずは登場人物なんですけど、
SWATチーム・・・予想外の出来事とはいえ、
全員精神が弱すぎで頼りないことこの上なく、
途中で出てくる身勝手な若者たちなど
全員頭が悪いというかなんというか・・・
前作のヒロインのような
感情移入できる主役が不在なので、
観てるこっちは視点が定まらないですし




内容でひっぱるのか~と思いきや、
伝染ゾンビものと思っていたのが、
「エクソシスト」のごとく、
悪魔VS神父の戦いって・・・




それはまぁ良しとしても、
それならそれで敵の襲い方や
神父の戦い方に
もっと工夫が欲しかったですね。
ギャーワー飛び掛ってくる繰り返しは
前作で免疫ができてますし、
対する神父が十字架かざすだけというのも
なんだかなぁ・・・。




recswat2.jpg


さらに
原因が明かされた後で
前作のヒロインが現れるタイミングの悪さ。
前作を観ている人には
彼女が再登場したことで
結末もおのずと読めてしまう上、
悪魔も頭が悪いというか、
もっといい方法があったのでは?
と思わせてしまう点もマイナスでしたね。




rechiroin.jpg


もちろん怖い場面もいくつかあり、
問題の最上階へ到着して
内部捜索をはじめるあたりの冒頭の緊張感は
いいですし、
屋根裏探索中にわらわら~
とわいて敵が近づいてくるところは1番怖かったです




終盤「サイレントヒル」を思わせる、
実世界と異世界が交わる探索方法も
なかなか楽しめましたが、
見つかると死ぬ前作と違って、
捕まえなきゃいけない、という目的なので
怖い・・・という印象は余りなかったです。
まして登場人物たちへの興味も
もう薄くなっていましたし。




reckodomo.jpg


総評として、
「ゾンビ」もの+「エクソシスト」もの
をごった煮にした、
ひねりを入れて前作の解決を見せた脚本や
「エイリアン2」「ヒドゥン」
「エクソシスト3」「サイレントヒル」ほか
観たことあるホラー映画のワンシーンが
あれこれ出てくる点など、




低予算ならでは、直球勝負の前作と違って、
ヒットしたせいか、
メジャー、ハリウッド映画を目指した色気が感じられ、
そして続編らしく混乱したような印象でした。
残念。




・・・観終わって、
あれこれ本作のデータとか見てたら
なんと「3」も製作決定だって!
しかも今ハヤリの「3D」で!
・・・方式はいいけど、
お話はどーすんだろ、この後?
悪魔軍団VS神父軍団・・・
いやいや今度は
悪魔+エイリアン軍団VS神父軍団の
一大バトルがド派手に展開!
・・・なんてね(笑)。




REC/レック 2 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]REC/レック 2 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/04/23)
ジョナサン・メイヨールオスカル・サンチェス・サフラ

商品詳細を見る

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/09/09 10:39 】 | ホラー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリーDIRTY MARY, CRAZY LARRY』(1974年)
待ったかいがありました!
海外版ではインタビューやら特典満載だったのに、
先にFOXで発売された時には、
特典も何もないのでガッカリ、
購入を見送ったのですが、
やっと特典・吹替も収録されたヴァージョンが発売、
さすがキングレコードさん、
やりますなぁ。早速予約しましたよ。




私の生涯ベスト10に入る(20かな?)
青春カーアクションの傑作!です。




dirtymerytop1.jpg dirtymerytop2.jpg dirtymerytop3.jpg




私が1番映画を観ていた学生時代、
ヒーローといえば
スティーヴ・マックィーン、ポール・ニューマン、
リチャード・ハリス、チャールトン・ヘストン・・など
たくさんいますけど(笑)
その中の1人、
ピーター・フォンダが主演のこの作品、
50回以上は観ていますが、
何度観ても面白い、かつ切ない作品です。




フォンダといえば、世界的には
「イージー・ライダー」(69年)が代表作、
なのは異議はないですが、
私にとってフォンダといえばこの作品ですね。
スピードに命を賭けるレーサーらしさが
滲み出ていて実にカッコいいんデス!




子供にすればドンパチカーアクションホラーは
必須ジャンル、
70年代のフォンダは
そういったB級アクション映画に出まくりで、
「ダーティ・ハンター」「ダイヤモンドの犬たち」
「悪魔の追跡」「アウトロー・ブルース」
「未来世界」「怒りの山河」など
(ほとんどDVD化されてないな~悲しい
全部観てファンになりました。
それ以外でもドラマですけど、
「ふたり」「さすらいのカウボーイ」
もいい作品です。




dirtypeter1.jpg dirtypeter2.jpg dirtymerypanf.jpg



さて本作の内容ですが・・・非常にシンプル
うだつのあがらないストックカーレーサー、
ラリー(フォンダ)が
レース資金ほしさにエンジニアと2人で
スーパーマーケットの支配人の家族を人質に
現金を奪って逃走を開始、
警察から逃げ切れるか・・・を
非常にテンポ良く、
カーアクションの連続で描いています。




話の軸はシンプルなんですが、
その2人に絡むレーサー相手の
アバズレ女メリー(スーザン・ジョージ・・・
「わらの犬」(71年)で映画史に残りました)の存在がミソで、
あの手この手で2人にまとわりついてくる
あたりがニヤリとさせられます
(ちなみにタランティーノもこの作品が好きで、
「ジャッキー・ブラウン」(97年)では劇中シーン挿入も含め、
ブリジット・フォンダ(ピーターの娘)に
本作のスーザンと同じ格好をさせています。)




dirtymerysusan1.jpg dirtymerysusan2.jpg dirtymerysusan3.jpg
dirtymery3nin1.jpg dirtymery3nin2.jpg dirtymery3nin3.jpg






結局、3人で逃走することになるのですが、
追う警察側も
スピード狂の警官や
上司と喧嘩ばかりの一匹狼的な鬼部長
(「コンバット!」のサンダース軍曹ヴィク・モロー)
など個性豊かで、
執拗に3人を追いかけます。




dirtymerykeisatsu1.jpg dirtymerykeisatsu2.jpg dirtymerykeisatsu3.jpg




都会ではなく、地方を舞台にしているので、
「マッドマックス」(79年)同様の
だだっ広い田舎道など景色の魅力に加えて、
どこかのどかな雰囲気も味わえますね。





dirtymerycarchase1.jpg dirtymerycarchase2.jpg dirtymerycarchase3.jpg

そういう中で繰り広げられる数々のカーアクションも
最近の映画によくあるハデさ重視の
カメラふり回し、
カットカット刻み編集しまくりの
どうなっているのかわかりにくい見せ方
(例「ザ・ロック」「007慰めの報酬」etc・・)
じゃなく、




わかりやすく、かつスタントも工夫され
今観ても迫力のある見せ場になっています。
また、
衝撃でビシッ、とガラスにヒビが入ったり、
レース映画じゃないのに、
ぶつけるたびに
いちいちタイヤ交換やら修理やらする
細かい点も新鮮でした。




3人のいざこざ、やりとりが軽快に描かれ、
迫力あるカーチェイスの数々、
終盤は、迷路のような林道の中で展開される
鬼部長によるヘリコプター追撃も用意され、
最後まで飽きることのない面白さです
おすすめです




dirtymeryhelichase1.jpg dirtymeryhelichase2.jpg dirtymeryhelichase3.jpg







以下、ネタバレですので、ご注意ください。

前から何度も書いていますが、
私は小学3年から洋画を観始めて、
1970~80年代が1番映画を観た時期でしたが、
劇場以外はやはりTVの映画劇場がメイン、
その頃よく放映されていたのは
60年後半~70年前半の
「ニューシネマ」と言われた、
既存のハリウッド映画に反抗した
汚いアンチ・ヒーロー、
社会に反抗する若者が主役で、
最後には死んでしまう、
アンハッピーエンドの映画でした。




感情移入した主人公が
最後には死んでしまう・・・
社会の無常さとか人生のはかなさとかを
小中学生で叩き込まれ強烈でしたね。




そんな作品をさんざん観ていましたので、
唐突なラストはビックリしなかったんですけど
(初見は「ゴールデン洋画劇場」)、
どうせなら逃がしてほしかったな~。
まぁある意味「青春映画」的な終わり方ですが。




振り返れば、オープニングが列車に始まり、
列車に終わるエンディング、
「映画の見本」のようで感心しました。




さらに振り返れば、
全編激しいカーアクションの連続なのに、
(主人公たち以外)誰も死んでいない、
という点も好感が持てますね。





dirtymerycarchase4.jpg dirtymerycarchase5.jpg dirtymerycarchase6.jpg






監督はジョン・ハフ。
「小さな恋のメロディ」のマーク・レスター、
本作にも出演のスーザン・ジョージ出演の
サスペンス「小さな目撃者」(70年)、
本作にも出てるロディ・マクドウォール主演、
私のホラーベスト1でもある、
幽霊屋敷ホラーの名作「ヘルハウス」(73年)、
そして本作、が絶頂期、でしたね。




ヘルハウス (ベストヒット・セレクション) [DVD]ヘルハウス (ベストヒット・セレクション) [DVD]
(2007/10/24)
ロディ・マクドウォール

商品詳細を見る


本作のヴィク・モロー、
数年前に占い師から
「貴方はヘリの事故で死ぬ」と
言われていたので、
撮影前から神経質になっていたそうですが、
事故もなく無事に終了して安心したものの、
その後1982年「トワイライトゾーン超次元の体験」で
ヘリの事故に巻き込まれて死亡、
偶然とはいえ占いは的中、
という悲しい話があります。




ダーティ・メリー クレイジー・ラリー コレクターズエディション [DVD]ダーティ・メリー クレイジー・ラリー コレクターズエディション [DVD]
(2010/10/06)
ピーター・フォンダスーザン・ジョージ

商品詳細を見る

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/09/05 02:39 】 | アクション・アドベンチャー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ぬらりひょんの孫』その2(2010年・7月~テレビアニメ)+『うしおととら』(1990~96年・コミック)
nurarihyontop1.jpg nurarihyontop2.jpg nurarihyontop3.jpg



椎橋寛原作、週刊少年ジャンプ連載の
人気コミックをテレビアニメ化。




「妖怪軍団」の総大将、
ぬらりひょん率いる「奴良組」の三代目候補で、
ぬらりひょんの孫の中学生=奴良リクオを主人公に、
意思とは反対に、
後継ぎ争いや縄張り地域での妖怪絡みの事件に
巻き込まれていくさまを描いており、




現代の日本を舞台に、
人間と妖怪の日常を
任侠ヤクザものを下敷きにして描いた
ファンタジー・アクション。




nuraloveyakuza1.jpg nuraloveyakuza2.jpg nuraloveyakuza3.jpg
nuraloveyakuza4.jpg nuraloveyakuza5.jpg nuraloveyakuza6.jpg






6話まで観たところですが、
意思とは反対に、
ボスとして争いに巻き込まれていく・・・
同じジャンプ連載中の
「家庭教師ヒットマンREBORN!」の
妖怪ヤクザ版
、みたいにも見えますね。




妖怪たちが現代社会で
各地を仕切って住んでいる、
という設定なので、
どうしても
妖怪たちの勢力争い話が中心の
単なるヤクザものになるところなんですが、




主人公リクオが中学生なので、
クラスメイトが
「名探偵コナン」の少年探偵団ならぬ
「清十字怪奇探偵団」を結成、
その一員として活動するうちに
妖怪事件に巻き込まれるといった
学園もの、という側面もありますから、
楽しく観られますし、




nuratanteidan1.jpg nuratanteidan2.jpg nuratanteidan3.jpg
nuralove1.jpg nuralove2.jpg nuralove3.jpg



そこでの
組員の雪女=つらら、
クラスメイトの家長可奈、
らヒロインたちとのラブコメ要素も
面白いです




また、
主人公リクオの自宅に住んでいる
たくさんの妖怪はじめ、
妖怪キャラもコミカルで楽しく描かれるなど、
シリアス一辺倒でない点もいいですね。





nuralove4.jpg nuralove5.jpg nuralove6.jpg
nurayoukai1.jpg nurayoukai2.jpg nurayoukai3.jpg





そうそう、ヒロインの中では
つららが最高にかわいいデス、
お気に入りです
そのヒロイン3人
(つらら、可奈、陰陽師の花開院ゆら)
がミニサイズで登場する
EDのアニメもかわいいですが、
歌『Sparky☆Start』も印象的




担当の声優も
平野綾、堀江由衣、前田愛、
ってスゴイ豪華ですね。




nuratsurara1.jpg nuratsurara2.jpg nuratsurara3.jpg
nuraihyoned1.jpg nurarihyoned2.jpg nurarihyoned3.jpg


・・・話を戻して、
人間時には温厚で頼りないリクオですが、
夜になるとこれがまたカッコイイ、
イケメンの上に強く頼りがいのある
妖怪に変身するという点もポイントで、




今のところ、
変身した時の記憶がない・・・
アメコミヒーローの「超人ハルク」
(1977年~のTVシリーズは好きでした。なつかし~)
みたいな設定ですが
今後その設定を
どう面白く生かしていくか~も見ものです。
次回が楽しみな作品ですね。




nuraikemen1.jpg nuraikemen2.jpg nuraikemen3.jpg
nuraikemen4.jpg nuraikemen5.jpg nuraikemen6.jpg

ぬらりひょんの孫 第1巻【初回限定生産版】 [DVD]ぬらりひょんの孫 第1巻【初回限定生産版】 [DVD]
(2010/09/23)
福山潤 平野綾 堀江由衣 櫻井孝宏 杉田智和 大塚周夫

商品詳細を見る


-------------------------------------

前に紹介した?か忘れましたが、
こういう妖怪アニメを見ると
妖怪ものの最高作と個人的に思う
藤田和日郎原作『うしおととら』(1990~96年)を
最終話まで映像化してくれないかな~
って思いますね。
あの長さに尻込みするんでしょうけどねぇ。




OVAでは何本か映像化されていて、
それも面白いんですけど、
本当の面白さは最後まで見ないと(読まないと)
わからないんですよね~。




usiototora1.jpg usiototora2.jpg usiototora3.jpg




先月も読み直してみましたが、
やっぱりスゴイわ、この作品。
壮大なスケールで描かれる妖怪VS人間決戦が、
全編感動と興奮の連続で描かれますが、
最後まで緊張感の途切れることのない
つくりも見事ですし、
妖怪と人間、妖怪同士、人間同士など
数多く展開される
悲しく熱いドラマには感涙必至デス!




特に終盤に向かうにつれて
数々の伏線、キャラたちが
収束されていくあの醍醐味はたまらないですし、
そのボルテージがクライマックスで
見事に最高潮に達するという、
こんなに興奮させられた作品は
今だにこの作品だけですね。




最終巻ではページをめくるたびに
涙があふれてきて
感動でもうグズグズです~
本当にいい作品です!
おすすめですよ。




うしおととら 全19巻 完結コミックセット(小学館文庫)うしおととら 全19巻 完結コミックセット(小学館文庫)
(2010/01)
不明

商品詳細を見る






テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/09/01 11:23 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。