スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『家政婦のミタ・第3回』(テレビドラマ・2011/10~)
mita2.jpg





後だしで終幕間際に
秘密を明かしていく手法なので
次回への引っ張りは巧いな~と思うドラマ




2回は
母親の死の原因が事故ではなく、
父親の不倫にあった、
という事実を長女が知ってしまう終幕も含め
本編のイジメ問題の結末も予想通りでしたので、
あまり新味のない印象でしたが、




3回は
ある意味見事な
家族崩壊の展開を見せて
大笑いで楽しめましたね。




もちろん子を持つ親の私としては
長女の苦しみはあまりに当然、
かわいそうで
その行動にも納得しっぱなしでしたし、




崩壊直後の次女=四女の「父親大好き」の折り紙には
思わずもらい泣きしてしまいました。




今回の終幕では
結婚したことによる父親の苦悩が明かされましたが、
ここは大体の人が想像できたとは思いますし、
今後の展開には必要な描写だろうな~
と思って観ていました。




が、次週予告は
ちょっとガッカリしてしまいました。
というのも
松嶋の家政婦の行動を見る限り
もしかしてほのぼの路線?
という思いを強くしてしまったからです。




ま勝手な想像ですけど、
松嶋菜々子の家政婦は
意識しているのかしていないのかは
わかりませんが
家族の本音を吐かせて
崩壊家族を元に、
いやそれ以上の絆を結ばせる存在、
そういう意味付けの「家政婦のプロ」では
ないのか、と。




最後に実は母親は
自分の精神のモロさ・酷さを認識していて
死ぬ前に松嶋奈々子の家政婦に
残った家族のことを頼んでいたのでは?
まあ松嶋というより
あの事務所は実は
家族救済を請け負う場所なのでは?





~なんてあれこれ
考えされるだけハマっている、
ってことでもありますけど(笑)。




もともと本編を観る前、
松嶋の不気味なムードの家政婦姿だけ
を観た特報みたいなCMの印象は
「ゆりかごを揺らす手」(91年)みたいに
なんらかの意図をもって
家政婦として潜入して
復讐しにきた女性、
のサスペンスか~と想像していましたが、




放送が近くなり
子供がたくさんいる家族、
という本編映像を交えたCMが流れると
こりゃハードなサスペンスじゃないな~
と認識を改めて、
今に至るわけですが・・・




どうせ観るなら
余り観たことのない、
意外性のある展開を見せてくれ~
と常々思うので
余り予定調和的な幕切れに
してほしくない!
っていうのが切なる願いですね。




ちなみに・・・
自分の想像を遥かに超えた
ビックリした展開の連続が
目の離せない面白さになっており、
見事ハマってしまって
終始笑いっぱなしで
最後も大満足で痛快だった作品、
ですぐに思いだすのは
・ルイ・マルの「地下鉄のザジ」(60年)の後半と
・高橋洋脚本の「発狂する唇」(99年)でしたね。
観る人を選ぶ作品なので
決しておすすめはしませんが(笑)。




そういえばシュワちゃんの「プレデター」
タランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」も
前半観ての後半の展開は意外ですよねぇ。



スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/10/27 00:35 】 | テレビドラマ・TV・CM | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『相棒・ten』(テレビドラマ・2011/10月~)
aibou.jpg




テレビ朝日放送の人気刑事ドラマシリーズ。




水谷豊が冷静な頭脳派、
寺脇康文が熱血漢という当初のシリーズは
「よくある組み合わせのコンビ」
という先入観だけで余り興味が沸かず
たま~に観る程度でしたけど、




相棒が寺脇からミッチー及川光博に変わってからは
予想できないコンビ?
という興味があって
それ以来かかさず観るようになりましたね。




今回からシーズン10開始、
第1回は2時間スペシャル。




殺人の長い刑期を終えた男が
出所早々飛び降り自殺。
生前に冤罪を訴えていたその男が残した
名指しの恨みをつづった遺書をもとに
再捜査をはじまる右京と神戸・・・。




冒頭から息づまる展開で二転三転、
「刑事コロンボ」を思い出す最後の仕掛け・・・
見ごたえある内容に興奮しましたし、




すんなり解決、とまでいかない
苦味のある重い幕切れ。
緩急つけて飽きさせないつくりで
やっぱり面白いわ~




右京の元妻、
たまきの店が閉店して
今後どうなるの~
なんてことも気になる~



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/10/20 23:13 】 | テレビドラマ・TV・CM | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『家政婦のミタ・第1回』(テレビドラマ・2011/10月~)
mitasize.jpg





テレビで予告を見た時は
天海祐希の「女王の教室」の家政婦版かな
と想像していたのですが・・・




母親を亡くしたばかりの
父親と4人の子供のいる家庭に
松嶋菜々子扮する家政婦が派遣され、
巻き起こる騒動を描く、
といった内容。




第1回は
母親を失ってすさんだ家族の描写からはじまり、
長女と次女の心の葛藤を中心に物語は展開、
終盤で家政婦の極端な行動により
母親の死を受け入れる事ができた子供たち。
そして新たな一歩を踏み出す家族・・・
ってかんじでした。




命令を受ければなんでもこなす
スーパー家政婦の手腕を持つ反面、
感情のないロボットのような・・・
という設定の松嶋菜々子の家政婦が
騒動にどう対応するのか、
がこのドラマの見所なんでしょうけど、




登場場面などで不気味なムード、
緊張感を漂わせているものの、




マンガのようなキャラの相武紗季を登場させ
ベタなドタバタ場面を用意して
ゆる~い雰囲気にするなど
作品のトーンはなんだか中途半端な印象。
ブラックユーモアみたいなトコが狙いかな?




また、
今回の最大の見せ場である終盤の、
母親の遺品を燃やす混乱の中、
子供たちが胸に抱えた思いを吐き出して解決、
という展開は
何度もみたような安易さで
退屈のあまり席を少しはずしてしまいました。




唯一
父親からの密かな依頼なのに
不仲な義父の平泉成の家にのりこんで
直接確認しようとする場面は笑えましたね。




騒動の内容によっては
家政婦の対応が面白そうですし、
次回予告は笑えそうでしたので
次回も観てみるかな。



テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/10/17 14:20 】 | テレビドラマ・TV・CM | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『けいおん!』2012年カレンダー(京都アニメーション版)

来年のけいおんカレンダー到着!




konca12-2.jpg





2012年は
すでに映画が公開された後ですから
一区切りの意味なのか
去年と違って
1月以外は全部
5人が顔を出している絵柄ですね。




konca12-3.jpg





表紙が1番好きかも(笑)。




konca12.jpg



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/10/15 13:46 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ザ・タウン』(2010年)
town.jpg





今や巨匠となった
クリント・イーストウッドが絶賛した、
ベン・アフレック監督・脚本・主演の
犯罪ドラマ。




全米最大の強盗多発都市ボストンの
チャールズタウンを舞台に
仲間との強盗稼業から逃れられない人生を
送っていた主人公が
FBIの執拗な追跡の中、
人質だった女性と恋に落ち
足を洗って新たな人生を夢見るが・・・




原作があるものの、
どこかで観たような内容で
目新しさはないんですが、




余計なものを削ぎ落とした
テンポのよさと
冒頭の強盗場面や
元犯罪者たちも交えてリサーチした
裏稼業の実態がリアルに描かれて
見ごたえ十分だし、




アフレック自身が大好きな
「ヒート」(デ・ニーロVSパチーノの傑作)を
参考にした、というだけあって
終盤の銃撃戦における緊張感と迫力
興奮させられました。




犯罪アクションドラマ、
としての魅力だけでなく
犯罪をしないと生きていけない
主人公たちの置かれた環境が
幼馴染ジェレミー・レナー(助演賞ノミネート)や
ブレイク・ライヴリーはじめ共演陣の好演で
さらに説得力を増して描かれており
やるせないですねぇ。




ベテランの
ピート・ポスルスウェイト、
クリス・クーパーも場面をさらいますし
FBIジョン・ハムはじめ
役者の使い方も巧いデス。




「グッド・ウィル・ハンティング」で
アカデミー脚本賞を受賞(マット・ディモンと共同)
しているものの、
「アルマゲドン」「デアデビル」の
ベン・アフレックが監督として
こんな上出来な作品を撮るとは・・・
と正直ビックリしましたね。




役者としては
周りがみんな魅力的なせいか
今回もいつも通り「普通」だけど(笑)、




主人公らを見つめる子供の表情や
出くわした警官との対峙場面など
間に挟まれる短い描写にも感心しましたし、
監督としてこりゃ将来が楽しみデス。




2時間まさに釘付け、の面白さでした。
哀愁漂う傑作。おすすめデス。




ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
(2011/07/20)
ベン・アフレック、ジョン・ハム 他

商品詳細を見る





・・・そういえば、
露骨に感情に訴えない、
淡々とした描写はイーストウッド作品に
通じるものがあるかも。






テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/10/13 23:09 】 | ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『バイオハザード・シリーズ』(映画版・2001年~)
日本のカプコン製作の
テレビゲームをハリウッドが実写映画化した
SFホラーアクションシリーズ。




biotop.jpg





原作であるテレビゲームは
1作からリアルタイムでプレイしていました。
やはり1作が最高に怖くて面白いですが、
それ以降もそれぞれの面白さがあり、
3作だったか、
敵が壁をドカ~ン!と壊しながら
何度も何度も追いかけてくるところは
怖かったな~
ガンシューティングバージョンや
リニューアル、オムニバス寄せ集めも加えると
8~9作ほどプレイしましたね。
最近の2作はもうしていませんが。




biops.jpg





テレビゲームの映画化作品は
たくさんありますが、
ヴァン=ダムの「ストリートファイター」(94年)
はじめロクなものはないので(笑)、
ハナから違うもの、
とわりきって観るようにしていますが、




その中でも
「バイオ~」以上に怖いゲームを実写化した
『サイレントヒル』(2006年)だけは
ゲームの世界観にかなり近づいて、
うまく映像化した作品でした




このゲームも3作目までリアルタイムで
プレイしていました。
もちろんゲームのほうがメチャ怖いんですけど
ゲームで見た風景がそのまま
実写で表現されていたのには
思わずビックリ感動でしたし
内容も充実していて成功作ではないでしょうか。




silentps.jpg



サイレントヒル [DVD]サイレントヒル [DVD]
(2006/11/22)
ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン 他

商品詳細を見る






まぁゲームの世界観をそのまま再現する以前に
映画自体が面白くないとハナシにならないんですが(笑)、
「バイオ~」シリーズは
ゲームとは全然違いますが、
それなりに楽しめる作品ですね




前置きが長くなりましたが、
以下映画版「バイオ~」シリーズの感想です。




★パート1(2001年)・・・




ドイツで撮影したおかげで
いかにもホラー、な雰囲気が
抜群に良かったですし、
最近の目まぐるしい展開と違って
わりと落ち着いた見せ方なので、
ゾンビ(もどき)に襲われる怖さも
うまく表現されていましたね。




また、
密閉された地下を舞台に、
謎解き要素を含めての展開なので、
最後まで緊張感が持続して
見ごたえがありました。




低予算、ということもあり
ゾンビ犬は拍子抜けする弱さで
全然活躍しないし、
メインの怪物リッカー(だったかな)の
CGのちゃちさが非常に残念など
怪物絡みの見せ場は
今ひとつですけど、




冒頭のエレベーターの件りはじめ
それ以外にも見せ場は
つぎつぎ用意されており、
何より中盤の
「殺人レーザー光線トラップ」が
本作最大の強烈な見せ場になっていて
ここだけで十分満足できました。




あと
主役のミラ・ジョヴォヴィッチが
1番魅力的に撮られているのは
もちろんですが、
脇のミシェル・ロドリゲスも
「ガールファイト」「ワイルド・スピード」等
いつものキャラ設定(笑)で嬉しく印象的で、
本作だけの登場は残念でした。




結局のところ
怪物絡みの見せ場は残念でしたが、
「内容的には」やはりこの1作ですかね、
面白かったです。




あ、マリリン・マンソンはじめ音楽も
作品に貢献していましたね、
実にヨカッタデス。




バイオハザード〈廉価版〉 [DVD]バイオハザード〈廉価版〉 [DVD]
(2007/10/03)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス 他

商品詳細を見る





★パート2(2004年)・・・

第1作のヒットにより予算増大の2は、
1作でできなかったアクションの見せ場
がパワーアップしており、
その分ホラー色&内容が薄くなりましたが、
ド派手な見せ場の連続で
十分楽しめました。




biojillg.jpg





個人的には
ゲーム版第1、3作の主人公の1人、
ジル・バレンタインが
ゲームそのまんまの姿で登場してきたのが
1番印象的で、これだけでOKでした。
演じるシエンナ・ギロリーも違和感なく
魅力的でしたし




ただ、
ジルが登場したことで、
映画オリジナルキャラの主役の
アリス(ジョヴォヴィッチ)と
キャラがかぶってしまうため、




映画としては
どうしてもアリスが主役ですから
終盤に行くに従って
ジルの影が薄くなっていくのは残念。
ジル単独のスピンオフを
作ってくれたら・・・と当時は思いましたが。




biojille.jpg





内容はゲームの「2」&「3」を
手本にしたような展開なので
ゲームをプレイした人には
いろいろ楽しめる仕掛けもあり、
原作とは違った意味で
ゲーム的ライトな作品で楽しめました。




しかし終盤の
ビルを駆け下りる場面だけは
全然スゴイ見せ場に見えないので
何度観ても意味がわからん?デス。




バイオハザードII アポカリプス (1枚組) [DVD]バイオハザードII アポカリプス (1枚組) [DVD]
(2010/08/10)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール 他

商品詳細を見る





★パート3(2007年)・・・
近未来カーバイオレンスの名作
「マッドマックス2」そっくりな
太陽が照りつける荒野世界を舞台にした3作は、
ゾンビカラスの襲撃が印象的だった以外は
あまり覚えていませんね(笑)。




ゲームキャラのクレア新登場に
前作からひきつづきのカルロスも
出演しているので
最後まで一応観れましたが、
1、2作ほどの新鮮味はもうなかったです。




バイオハザードIII(1枚組) [DVD]バイオハザードIII(1枚組) [DVD]
(2010/08/10)
アリ・ラーター、オデッド・フェール 他

商品詳細を見る





★パート4(2010年)・・・




シリーズが進むごとに
なんだか「仮面ライダー」みたいな
超人ヒーローと怪人たちが
戦うだけの薄い内容の
SFアクション映画になってきましたが・・・。




前作ラストでアリスが宣戦布告した
敵のアンブレラ社東京支部からはじまる第4作。




前作では、世界はほとんどウィルスに感染、
砂漠化した荒野世界という設定でしたので
今作の冒頭で
平和な大都会東京の姿を見せられると
なんだか変でしたね




離れているとはいえ、
世界は大変なことになってるのに
日本は全然平和です、
みたいなトコが(笑)。




そしてすぐにはじまるド派手なアクション。
でも特に新味があるとか
奇抜なわけでもないので
興奮はしませんけど、
吹き抜けのエレベーターシャフトを
「落下した直後のスピード感」だけは
良かったですね。




それにしても今回も
前作に続いてのクレアに加え、
ゲームシリーズの顔というべき
クレアの兄で主役キャラ、クリスが
満を持して初登場するわ
(演じるのは「プリズン・ブレイク」の
ウェントワース・ミラー)、
ゲーム新作の敵キャラも顔を出す等、




ゲームキャラの
使い方のうまさ(特に人間)には
相変わらず感心させられました。
今回はクレアもかなり活躍しますし。
(前作はどうだったか・・・忘れました)




前作から感じるようになりましたが、
内容の面白さとか見せ場云々より、
テレビドラマ同様、
「シリーズもの」としてのキャラの
引っ張りだけで興味が持続しているようデス(笑)




とはいえ、
開放的な外を中心に
派手な見せ場が展開した前作から
今回ほとんどは元刑務所の中、
という密室設定に戻して
緊張感を出すという計算?に加え




劇場では「3D立体映画」という仕掛けもあるなど
あの手この手で
飽きさせないようにする
製作側のサービス精神もあって
今回も最後まで観てしまうのは確かですね。




エンドクレジットの合間には
2作以来のジルが再登場、
「おおっ!」と思わず声が出てしまったくらい
本作中で1番興奮した場面なんですけど(笑)、
次作は劇場かな~なんて思ったくらい
製作サイドに見事に
乗せられてしまいました。




なお本作はDVDで観たので関係ないですが、
ところどころ3D効果は感じることができました。
特に印象的だったのは
広いシャワールーム?での敵キャラとの死闘で
こっちに向かって飛んでくる巨大斧、
の場面。




思わずシュワちゃんの93年作品
「ラスト・アクション・ヒーロー」のOPを
思い出しました。
それは当然3Dではありませんが、
うまく撮られているので
こっちに向かって飛んでくる斧を
当時劇場でよけていましたね(笑)。
あの場面は今観ても印象的。




話をもどして・・・
ほかには
一時停止したところで、
カメラがぐるりと一回転する場面などでも
3D効果を感じることができました。
ただ「マトリックス」以降
「ソード・フィッシュ」「ウォンテッド」他
多くの映画で目にするので
正直イラッ、としましたが。




そうそう、素直に驚いたのは
画面が他の作品に比べて
非常~に綺麗だったことで、
素人なので詳細はわかりませんが、
解像度が違う、とでもいいますか。




調べるとこの作品、
「アバター」と同じ3Dシステムに加えて
最新カメラも使用しているということで
なるほど~と思いました。




バイオハザードIV アフターライフ [DVD]バイオハザードIV アフターライフ [DVD]
(2011/04/22)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター 他

商品詳細を見る





あと、上記のハリウッド映画版のほかに
日本製作、フルCGによる劇場アニメ版
「バイオハザード ディジェネレーション」(2008年)もありました。




まだ実写版では登場していない
レオン・S・ケネディを主役に
クレアも登場して、
ムダのない小気味良い展開のアクションホラー。




最近のバイオ風にアクション中心のつくりで、
テンポを重視して派手さはないですが、
不安定なハリウッド実写版と違って
やっぱり面白かったデスねぇ~
ラストも実にカッコいい!




バイオハザード ディジェネレーション [Blu-ray]バイオハザード ディジェネレーション [Blu-ray]
(2008/12/26)
ポール・メルスィエ/山野井 仁、アリソン・コート/甲斐田 裕子 他

商品詳細を見る


しかし、
ひと昔前までは
低予算ホラーがほとんどだった
劇場映画のシリーズ化ですが、
2000年以降はハリウッドも
完全にネタが尽きてきたせいで
ジャンル問わずなんでもシリーズ!でなんだかなぁ~・・・
もちろん面白ければいいんですけどネ。



テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2011/10/03 13:30 】 | ホラー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。