スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『Angel Beats!エンジェル ビーツ』(2010年・4~6月)その3
angelhane.jpg


生前に普通に青春時代が送れず死んだ人たちが
成仏する前に生前の希望をかなえる、
楽しい青春の日々を過ごすための場所、
死後の世界の学園が舞台の
ファンタジー学園青春ドラマで、全13話。
・・・終わっちゃいましたので
少し寂しいなぁ。




終盤に入り、
残された仲間たちの成仏話が続くかと思いきや、
今度は
飲み込まれると確実に意思を失い死んでしまう、
という「影」の怪物が動き出し、
またアクション的な展開になり、
う~ん、残念。




最初のほうの「死なない」アクションは
意味がないので面白くなかったのですが、
今度は「死んでしまう」という点が
興味をそそったものの、
結局、
銃で簡単にやっつけられてしまうので、
スリルもサスペンスも何もなくガッカリ




やっぱりこの作品、
アクションの見せ場には
全く魅力なし
失敗でしたね。




もちろん、
ロックの熱狂に包まれる会場と
カットバックして
激しい銃撃戦が展開する第1話に限り、
(ちょっと大げさですが)
あのロック&アクションの名作
『ストリート・オブ・ファイヤー』(84年)の
OPを思わせるつくりで、
銃撃の光が夜空に綺麗に映えるなど
魅力的な見せ場になっていましたが




angelkanade2.jpg


話を戻して・・・
12話の終わり、戦いの末
ゆりがそれまでの人生に
納得するんですけど、
あれほど凄絶な過去にもかかわらず、
仲間との日々がそれを癒し、
仲間を守ったこと=家族を守る、
そして神との決着がついた、
ということらしいですが、




納得できるような
具体的な描写が少ないので
余計になんだか
「え?そんなもん?」
ってかんじで拍子抜けでした




とはいえ、卑怯な手、ともいうべき最後の場面、
弟妹たちの登場にはうるうるきてしまいました。




angelkanade3.jpg


最終13話は
大勢の仲間たちの成仏=消滅場面が
あったであろう3日間が省略されており、
その後残ったメインキャラ5人だけで展開。




タイトルどおりの卒業式を描いたところは
別に気になりませんでしたし、
天使=かなでの変貌ぶりに笑ったりしましたが
音無とかなでの
クライマックスの盛り上がり
には思わず「え~?」
ビックリ仰天(笑)。




省略された3日間にいろいろあったのかも
しれませんし、
今までの経過を見ると
別に不思議ではないんですけど、
先の12話のゆり同様、
観てるこっちを納得させるだけの
心理&直接描写などが余りに少ないので、
唐突すぎる印象を受けてしまい、
必死な音無の姿に、正直引いちゃいました(笑)。
「音無、いったいどうしたんだ~!」




12話までは「仲間=友情話」だったのに、
最後の最後で急に「2人の恋愛話」がメインという
仰天の展開なので
(前回書いた)「天国からきたチャンピオン」(78年)風な
ラストシーンまで見せられると、
こうするなら、
最初から2人のラブストーリーを重視して
構成したほうがすっきりしたのに・・・
と思いましたし、




ほかの仲間たちの姿も
それぞれ見せた上でのあのラストシーンなら
まだよかったのになぁ~・・・
違和感不満を感じてしまった終盤でした。




それにしても
各キャラの生前の過去のエピソードや
それに絡む成仏=消滅場面が
とても丁寧な心理描写などで
胸に迫ってくるのに、
肝心のこの終盤2話の、
しかもメインキャラへの
雑さ、いいかげんさはいったい・・・?




angelyurikanade.jpg


ん~、改めて総評としては・・・
まず音楽が良かったです
ここひと月の間ずっと聴いてます。
4曲?もオリコンベスト10に入り
すごいですが、
それも曲のよさにつきますね。
1番すきなのは
『Little Braver』。
近々バンドのフルアルバムも出るようで、楽しみデス。




angellittle.jpg


Keep The Beats!Keep The Beats!
(2010/06/30)
Girls Dead Monster

商品詳細を見る


つぎに繰り返しになりますが、
本作品の肝、というべき
各キャラの生前の過去のエピソードと
その成仏=消失場面が
たいへんよく描かれていて、
涙腺崩壊しまくりでした。




直井、音無のエピソードが
特に印象的で感動しましたが、
岩沢、日向、ユイのエピソードも
よかったです。
ここがよかったから
最後まで観れました。
そこはおすすめです




以上、音楽&生前ドラマ部分以外の
つなぎの部分は




・無駄なアクションの見せ場
・突っ込みどころ満載の雑な脚本、
・13話という短い間に話詰め込みすぎ

など見せ方も含め残念な点が多く、
もっと面白くなる・感動できる要素はあったのに
もったいないな~という印象が残りますが、



観てソンはない作品、ですね。




どうせなら・・・
アクション場面を全部なくして
最初は無の状態から
音無とゆりなど数人のキャラと一緒に
この世界の謎を探る方向で
サスペンス風に展開、
仲間も少なくして~
笑いも挟みながら~あげく
彼らを成仏させていく中で、
反対派グループの台頭やら
音無たちの葛藤・恋愛模様なども織り交ぜて・・・

と勝手に想像しちゃいました(笑)。





Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/06/23)
神谷浩史櫻井浩美

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2010/06/27 17:58 】 | アニメ・漫画 | コメント(1) | トラックバック(1) | page top↑
<<『とある科学の超電磁砲(レールガン)・OVA』(2010年10月発売) | ホーム | 『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年)>>
コメント
いや、めっちゃ感動したAngel Beats!はマジサイコーなアニメだった。泣く
【2011/09/25 15:33】 | URL | 天使 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/181-519b1328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2010/07/03 17:52】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。