スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『裸のジャングル/THE NAKED PREY』(66年)
hjungleop1.jpg hjungleop2.jpg hjungleop3.jpg
hjungleop4.jpg hjungleop5.jpg hjungleop6.jpg






「ビーチレッド戦記」(67年)「最後の脱出」(70年)
「シャーク・トレジャー」(75年)の
アクションスター、コーネル・ワイルドの
製作・監督・主演による代表作、
サバイバル・アクションの古典




メル・ギブソン「アポカリプト」(2006年)の
オリジナルともいうべき、
人間狩りゲームに巻き込まれた男の
逃走劇を描いており、
全編追いかけっこ、という
シンプルな直球勝負的つくりが効果的
テンポのよさに加え、
あの手この手で危機を描いて
最後まで飽きさせないつくりは見事。






古い作品で、
いわゆるB級部類の作品ですから正直、
アクションなど派手さはないですが、
やはり映画は中身だな、と痛感しますね。
オールロケ、
合成なしの本物のよさも味わえます。
(早回しはありましたが)




長年観たいと思っていましたが、
ようやく拝見。
字幕なしでしたが、なくても充分。
2回続けて観てしまいました(笑)




hjunglesizen0.jpg hjunglehonpen2.jpg hjunglehonpen3.jpg
hjunglehonpen4.jpg hjunglehonpen5.jpg hjunglehonpen6.jpg

さて内容ですが・・・
19世紀のアフリカ。
原住民の制止を振り切り
ゾウ狩りを楽しむ横暴な白人たち。
怒った原住民たちが彼らを捕らえて・・・





今と違って
直接描写できない時代の作品ですけど、
食用にされるわ、集団で刺されるわ、
切られるわ、蛇に噛まれるわ、
1人1人処刑されるさまを
あっさり描いているので
かえって暴力的な印象を受けますな
(本作をホラー風味に映画化したのは「カニバル」(76年)
「食人族」(81年))




hjunglehonpen7.jpg hjunglehonpen8.jpg hjunglehonpen9.jpg
hjunglehonpen10.jpg hjunglehonpen11.jpg hjunglehonpen12.jpg






そうして最後の1人、
通訳兼ガイドだった男は、
何も持たされず裸にされ、
10人ほどの戦士が追う
「人間狩り」の標的、
として走らされます。




ここからが本題で、
10人ほどの戦士が
主人公を追跡するわけですが、
彼らの目論見とは違って、
主人公はしぶとく反撃、
裸→パンツ・履物→武器、
と彼らから少しずつ奪取していく
あたりが痛快で、
彼らの襲撃だけでなく、
暑さ、飢えなどの恐怖も丁寧に描かれ
サバイバル劇としても楽しめます。




hjunglehonpen15.jpg hjunglehonpen16.jpg hjunglehonpen17.jpg
hjunglehonpen24.jpg hjunglehonpen25.jpg hjunglehonpen26.jpg






時おり、
主人公の末路を暗示するかのような
アフリカの動物たちの狩り狩られ、
の描写が挿入されますが、
主人公に絡む場面も交えたりと
自然で違和感なく、巧い観せ方ですし、




今じゃ無理かな?
の冒頭のゾウ解体や
小さいカエルを大きいカエルがパクッ、
とひと呑みする場面もあります




hjunglesizen1.jpg hjunglesizen2.jpg hjunglesizen4.jpg
hjunglesizen3.jpg hjunglesizen5.jpg hjunglekinsi3.jpg






VS戦士の格闘だけでなく、
山を燃やして追っ手を阻止したり、
別の部族間の抗争に巻き込まれ、
シルヴェスター・スタローンの名作
「ランボー」を思わせる断崖逃走、
などわりと大掛かりな見せ場もあるほか、
子供とのふれあいも用意されるなど
ダレることなく観られます。




hjunglehonpen19.jpg hjunglehonpen20.jpg hjunglehonpen22.jpg
hjunglehonpen30.jpg hjunglehonpen31.jpg hjunglehonpen32.jpg








オールロケの上、
原住民の全面協力があったからでしょうけど、
全編緊張感に満ちたサスペンス!
というつくりにはしておらず、
主人公側だけでなく、
追う戦士側たちのドラマも描かれているので、
殺すか殺されるか!の戦いとはいえ、
どこかスポーツ感覚の潔さもありますね。




hjungleteki1.jpg hjungleteki2.jpg hjungleteki3.jpg




あと印象的なのは音楽で、
通常の映画音楽というものは使用しておらず、
動物の鳴き声や自然音、
原住民の生歌のほか、
メインは原住民たち?の打楽器で、
戦士たちの追跡が始まると



ドコドコドコドコ~~




と流れはじめ、
これがなかなかスリルを盛り上げました




jungleclimax1.jpg jungleclimax2.jpg jungleclimax3.jpg
jungleclimax4.jpg jungleclimax5.jpg jungleclimax6.jpg






おすすめ作品です!
が、国内でビデオ・DVD化はされていませんねぇ・・・。


スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/08/22 17:34 】 | アクション・アドベンチャー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<☆『アマガミSS』その3(2010年・7月~テレビアニメ) | ホーム | 『学園黙示録/HIGHSCHOOL OF THE DEAD』その2(2010年・7月~テレビアニメ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/194-b6cfb059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。