スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『フォー・フレンズ』(81年)/アーサー・ペンARTHUR PENN(1922~2010年)
4friendsarther.jpg


「奇跡の人」「逃亡地帯」「小さな巨人」
ニューシネマの幕開け
「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」が代表作の
アーサー・ペン監督が9月に亡くなりました




74年の「ナイト・ムーブス」から以降は
「ミズーリ・ブレイク」「ターゲット」「冬の嵐」など
60年代の活躍に比べると・・・
という作品が多くなってきましたが、
個人的には不調と呼ばれた最中の
『フォー・フレンズ/4つの青春』(1981年)が
大好きですね。




1番映画を観ていた子ども時代・・・
高校生の時に
2回劇場に足を運び、計4度も観たほど感動した
青春ドラマでした。




ストーリーは
4人の友人同士の中の
真面目で誠実な男と
自由奔放な女が結ばれるまでの十数年を、
ベトナム戦争など
アメリカにとって暗黒の1960~70年代の
世相や風俗を背景に描いた
シリアスな青春ドラマの傑作





4friendstop.jpg


タイトル通り、友人同士の
3人の男と1人の女がメインの登場人物。
女ジョージアは3人のうちの1人ダニロが好きで、
ある夜に自分から告白、Hを迫るんですけど、
ダニロは内気なせいもあり、
好きなのについ断ってしまいます。
そのあとジョージアは
3人の中のトムと関係を持ち、
その現場を目の当たりにして
ショックを受けたダニロはその地を離れ・・・
そこからダニロの人生行路がはじまります。




1番強烈だったのは、
ダニロが途中で別の女性と
結婚することになるのですが、
その結婚式で事件が起こるんです
予想もしていなかったせいもありますが、
衝撃と共に不気味な印象を残す一場面でした




そのほか、
大学時代の友人ルイとの友情話に
アポロ月面着陸の話が絡むんですけど、
そのTV中継場面には涙がでましたし
終盤、対立していた両親との和解・
そして別れの場面もグッ、
とこみあげるいい場面でした





4friends3.jpg


真面目なダニロに比べて、
憧れの舞踏家イザドラ・ダンカンを目指す
ジョージアは自分に正直に
常に奔放な行動をするため、
かなり波乱に富んだ人生を展開、
ほかの仲間2人との間で
子どもを産むわ結婚するわ
ドラッグで事件に巻き込まれるなど
ことごとく道を外れてゆく・・・




2人は時折再会するんですけど、
お互い素直になれず、
結局喧嘩しては別れたり、
会えるかな~と思いきや、
すれ違いを繰り返すなど
その行方にはハラハラしっぱなし・・・
最後の最後で
お互いの気持ちを爆発させ
結ばれる件りは感動でした




ラストは海辺の砂浜で、4人に加えて、
彼らの妻や子どもたちもいて、にぎやか。
その穏やかな姿で
エンディング。




さわやかな青春映画、
というより挫折に次ぐ挫折、
といった厳しい展開が
余計に胸に迫りました。





4friends2.jpg


主人公ダニロを演じたクレイグ・ワッソン
(「戦場」「ボディ・ダブル」)はよかったですし、
奔放なジョージア役で本作デビューの
ジョディ・シーレンも魅力的でしたが、
本作品以降はTVが中心となり、
特に目立った活躍がなく残念。
そのほか
ダニロの両親はじめ共演陣も好演でした。




アカデミー賞受賞の傑作
「ヤング・ゼネレーション」の
スティーヴ・テシックの自伝的脚本。




日本では未だソフト化されていないせいで、
劇場公開~TV放映以来、
もう20数年・目にしてはいないんですけど、
今でも目をつむると多くの場面を覚えています。
あ~やっぱり再見したいなぁ~。



スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

【2010/11/13 18:13 】 | 青春 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『心霊探偵八雲』(テレビアニメ・2010年・10月~) | ホーム | 『神のみぞ知るセカイ』(2010年・10月~)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/214-5c261d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。