スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年・1月~テレビアニメ)
どんな望みも叶えるチャンスとひきかえに
魔法少女となって魔女たちと戦う少女たちの
過酷な試練を描いたシリアスファンタジー。





madokatop.jpg


しもぶくれの顔の
キャラの絵柄が好みでない、というのもあって、
1話だけ観てそれ以降は観てなかったんですが、
面白いとの評判を聞き、
ようやく続きを鑑賞。




1話では
戦う異次元世界の描写が不気味
なんだか気持ち悪い、
って印象が残っただけでしたが、
2話も同様で
内容自体は平板な印象。




3話でいきなり先輩魔法少女のマミが
敵に倒されたのを機に
ようやく興味も沸いて
~以降一気に8話まで鑑賞。




8話まで観てしまうと、
明るい魔法少女アニメみたいなOPは
確信犯的あざとさが目立ちますが(笑)、
いわゆる
「ひぐらしのなく頃に」みたいな
萌え?キャラでシリアスハードな内容、
的な作品でした。




もちろん「ひぐらし~」のような
直接描写等の衝撃はありませんが、
「エヴァンゲリオン」の壊れ具合を思わせる
底意地の悪い心理ドラマとして、
見ごたえがありますね。




とはいえ
セオリーといえど
詳細を語らないキュゥべぇってやつが
最初からうさんくさく、
悪ボスこいつか~と思ったくらい
憎たらしいキャラとして立ってくるわ、




自分の想像どおりに
悪いほう悪いほうへ突き進む展開が
なんだか観ていてキツくなってきます




私からすると
萌え?というより子供キャラなので、
親の立場からすると余計に
まどかの友人さやかが壊れていくさまを
丁寧に描いたあたりや




泣いてばかりの優しい主役のまどかが
じわじわと追い詰められていくような
展開はツライなぁ




真の敵はもちろん、
彼女たちの戦いの行く末が
ハッキリしないので
物語の全貌がわかりませんが、
最後まで破滅へと向かうドラマなのかな?





madoka2.jpg


個人的な話ですが、
アニメにかかわらず
魔法ファンタジーって結構苦手でして、
(もちろん面白い作品はありますが)




敵との戦いでやっつけた~と思ったら
やられていないだの、ダメージは少ないだの
いつ終わるか判らない見せ方・・・
いわゆる戦いの明確な線引きというのが曖昧
(最近では「ハリー・ポッター」シリーズ)、




また最初からこうしておけよ的なことはスルーしていたり、
こうしたらこうなるというルールも曖昧なので
最後には死んだキャラが復活したり
惨事そのものがなかったことになったり等、
魔法というもので全て話をゴマかせる、みたいな・・・




コメディならいいんですが、
真面目な内容でそれをやる、いいかげんな作品を
結構観てきたせいもありますけど(笑)。




逆にこの「まどか」は
魔法ものの曖昧さを生かして
最後はある程度ハッピーエンド、としてほしいですねぇ。
許しますよ今回は(笑)
なんとか悲惨な最期は避けてほしいデス




madoka3.jpg

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/04/02 05:30 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『君に届け・13巻』(2011・3/11発売) | ホーム | 『スカーフェイス』(83年)『カリートの道』(93年)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/232-bbd06ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。