スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『Piaキャロットへようこそ!!』(98年・セガサターン)
もともとは96年にPCで発売された
カクテルソフト製作の恋愛アドベンチャーゲーム。




piasonomamatop.jpg


前に書きましたけど、
続編「2」「3」「GO」の3作はプレイ済でしたが、
第1作だけはプレイする機会がありませんでした。
ところが先日「中古200円」、
で売っていましたので即購入
10年ぶりくらいにセガサターンを
引っ張り出して
ようやく記念すべき第1作をプレイ開始!




最初のうちは
数人のキャラが古臭いなんて思いましたし、
河合雪子の
・普段着はアメフトでもやってるのか?
みたいな、がっちりした体系と思いきや
・バイト姿は普通に女の子らしい体系になっている、
・アニメ場面になったら急に幼くなったり・・・
と、なんだかキャラに統一感がないところが
笑えますが、
そこはやはり名作たるゆえんというか
中身の面白さで
プレイしていくうちに全然気にならなくなりましたね




piacaroyukiko1.jpg piacaroyukiko2.jpg piacaroyukiko3.jpg




(最初だけですが)説明書や攻略サイト、本等を読まなくても
さくさくすすめたのもいい感じです。
しかし、後のシリーズにもある
基本スタイルがこの1作で
すでに出来上がっているのには驚きです。
個人差はありますが、
ビジュアルにこだわらなければ
今発売しても十分通用する面白さだと思いますね。
おすすめです




☆気になった部分を書き出していきますと・・・




piasonomama2.jpg


・最初は高2の息子も見ている横でプレイしていたのですが、
メインヒロインの森原さとみの声を聞いて
「これ、しんちゃんのみさえそっくり」
と息子が言うので、
終始『「クレヨンしんちゃん」のみさえ』にしか聞こえず、
なんだかなぁ~でした




でも本当そっくりでしたね。
本とかクレジットみると担当声優は
相撲取りみたいな名前なので偽名?
実は本当にみさえなのかも・・・。




・最初のプレイで
稲葉翔子からカラオケ行こう、と誘われた後に
いきなりアニメ場面に変わって歌を歌う場面になり
ビックリしましたが、
その歌が余りに下手クソでヒドイので
それ以上にビックリしましたね(笑)。
ま、リアル感抜群って言えばそうだけど。




・主人公の妹の木ノ下留美の声は
棒読みのせりふがキツイですねぇ
・・・とはいえ攻略キャラでもないのに、
たびたび登場してエンディングも出てきたりして
最後には、ほのぼのしてしまいました(笑)。
しかし続編にもたびたび登場しているのを見ると、
その外見の変わりようはスゴイですね。





piareika1.jpg piareika2.jpg 



・セガサターンは
プレステ、ファミコンほどの本数ではないですが
昔いろいろやりましたけど、
「野々村病院の人々」「YU-NO」とか
「18歳以上推奨」という
セガ独自のソフトもやってました。
本作もそれと同様、元はPC18禁ゲーム。




PC版ではない一般家庭用ゲーム版だし、
10年以上も前のことですから、
パンツがチラリと見えるくらいだったかな?
という曖昧な記憶でプレイしていましたが、




開始まもなく、
普段着が近未来の戦闘服みたいに見える、
先輩の小久保麗香が倉庫で
「おまじないをしてあげる」と声をかけてきて
「してもらう」を選択した次の場面で・・・




せいぜい唇にキス程度だろ~と思っていたので
ちょっとこの展開にはビックリしました(笑)
ドタバタ慌てて音量をさげて
息子が部屋にやってこないか聞き耳を立ててしまいましたが、
2度目のプレイでよかった・・・




1度目のプレイ時は
途中まで息子も一緒に見てましたが、
主役の森原さとみ狙いでしたので、
同じ選択場面では断っていたんですが、
選んでいたら、あ~怖っ!
いや~驚いたなもう!




やっぱりこういうのを息子と2人で
観る姿は・・・想像したくないですし、
恥ずかしいですしね(笑)。





・・・さて話を戻して、
安全を確保してから(笑)は
麗香って最初からコレか?
ということで、
特に誰狙い、と決めてなかった2度目は
ムフフと期待して麗香にしたのは
いうまでもありません(笑)。




麗香とのその後は私の記憶にある
セガサターンソフト
の常識をくつがえすエロさに完全に参りました。
絵ではなく「音」がポイントでしたね~
当時普通に発売されていたとは・・・
小学生・中学生でも買えていたとは!
家庭用ゲームでこれはものスゴイ衝撃ですな。





piareika3.jpg



☆今のところ5人攻略しましたけど、
1番のお気に入りキャラは
マネージャーの神無月志保。
声もいいですが、
厳しさの中に優しさが~
って大人のムードがいいですね





piacarosiho.jpg


でも4人攻略したあとで、
本体はもともとですが、
カートリッジでもセーブできなくなってしまって
最悪です





のこりの女の子もいるので
時間を見つけてプレイするとは思いますが、
セーブなしのプレイスタイルはキツイなぁ





piapksonomama.jpg


ゲームも次々と新世代へ移行していきますので、
あの頃ほしかったけど買えなかったゲームが
格安で販売されているこの状況は
貧乏人ゲーマーとしては実に嬉しいですね。




今回の「Piaキャロット」と一緒に10数本ほど懐かしいゲームを
100~500円で購入しまして、
時間があれば何本か同時に
つまみプレイしています。
そのうちに感想なども書きたいと思います。






スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

【2011/04/06 16:29 】 | セガサターン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『日常』(2011年・4月~テレビアニメ) | ホーム | 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない・13話』(2011年・ニコニコチャンネル)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/235-0e7f2a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。