スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『日常・その2』『花咲くいろは・その4』『あの日見た花の名前~・その3』(2011年・4月~テレビアニメ)
最近は何かと忙しくて
面白そうなアニメがたくさんあるのに
1話を観たっきりの作品が多いですね




そんな中でなんとか観ているのが
『花咲くいろは』『日常』
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の3本。




nichijyous11.jpg




『日常』は第1回の印象通り
毎回楽しませてくれて面白いデス
たまにはずれもありますが、
数多いエピソードの中の1話なので
許容範囲内(これも前書いたかな)で
問題なし。




やはり学校のエピソードのほうが
登場人物が多彩なので笑えますね。




iroha3n2.jpg





それに対して
『花咲くいろは』。
ご当地が舞台なので期待はしていたんですけど、
回を追うごとにつまらなくなってきて
イライラしていましたが、
今回11話を観て
「あ~もう終わったかな・・・」
と空しくなりましたね




だんだんと
従業員を含む旅館自体の説明不足というか
描写の舌足らず感というか・・・が目立ってきて、
女子高生の萌えキャラのみで
企画したんだな~という印象がますます強くなりました。




あれこれ隅をつつくとキリがないですけど、
例えばお客が殺到する話の
従業員たちとコンサルタントの
慌てふためきおろおろする対応、
「客に差をつける」なんてバカな提案等を見ても
日の浅い新人なの?この従業員たち
と思ってしまいますし、




それまでの過去10話を見ていても
人数が少ないうえに全員新人(笑)の従業員による
最高のサービスなんてありえるわけないのに
11話で雑誌に低ランクの格付けをされるや
従業員代表、ベテラン従業員みたいに
「そんなのおかしい」
と1人激高する主人公の態度に失笑するしか
ありませんでした。




老舗旅館にしてはプライドがないのか
従業員に指導が行き渡っていない、
1話では仕事に関しての厳しい指導をしていたのに
2話以降は我関せずみたいな
180度性格が丸くなり
従業員に任せるおかみの態度も妙ですし・・・
(1話でひそかに
旅館の売却が決まったので、
従業員の自主性に任せてみた・・・というなら
その態度だけは理解できますが)




要するに
宿泊客との絡み等
仕事の描写がおざなりなので
この旅館、従業員の周辺が
さっぱり見えてこないんですよねぇ




しっかりとした背景・周辺描写があって
主人公のドラマも盛り上がると思うんですけど、
どうやら製作側は
旅館は単なる一背景としてしか
捉えていないようです。




11話で雑誌記事に激高した主人公~
・高いお金払ってわざわざ東京まで行き
記事を書いた母と闘う、
・そこでボーイフレンドで元クラスメイトと再会する、
等ドラマティックな展開になっていきますが~




次回から「東京篇」でも始まるのかな(笑)




仕事ものといえば、
前に観たファミレスが舞台の『WORKING!』は
ありえない設定に劇中のお客が引いている部分を
見せてしまったため違和感があり、
あきれて観るのやめましたが、



本作はそれほどひどくはないものの
旅館ものの決定版、にはなり得なかったし
何より、面白くないなぁ~




そうそう、
せっかく可愛らしいキャラたちも
中途半端な内容のせいで
結名以外はさっぱり魅力なし。
菜子はまだいいとして
期待していた民子は最悪。
主人公は最初から最悪(笑)。




irohayuitop.jpg





それに比べて
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の
面白いこと




anohanazetoppp.jpg





ついに8話終盤で
みんなにその存在を認識させためんま。
もちろんすんなり和気あいあいとなるはずもなく
更なる苦悩や複雑な思いを抱えた5人のドラマに
ますます目が離せなくなってます




しかし10話で「花火あげるとめんまが成仏する」、
っていつの間にか決定事項のようになっていたのはでしたが、
やっぱり成仏しませんでしたねぇ・・・。




気になるのは、ゆきあつの、
めんまに対するこだわりぶりが
病的すぎる気もしますが・・・
これじゃどう転んでも救われない気がしますねぇ。
大丈夫なんだろうか
めんまと一緒に別の世界へ行くのかも(笑)。




この作品、
毎回エンディングを観るのも楽しみ
「secret base ~君がくれたもの~」の曲のよさはもちろんですが、
ヒロイン3人の背景の花が白黒から
歌のサビでカラーに変わる「その瞬間」含め
映像もたまらなく魅力的デス
全編フルでPVなんか作ってくれないかなぁ~。




あとキャラでは
あなるが回を追うごとに光ってきて、
魅力抜群、1番好きなキャラになりました




anohanaanarutopp.jpg



スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2011/06/18 17:29 】 | アニメ・漫画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。最終回』(2011年・4~6月・テレビアニメ) | ホーム | 『惑星ソラリス』(72年・ソ連)『ソラリス』(2002年・アメリカ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://moviethunderdome.blog36.fc2.com/tb.php/257-e9f10100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。